--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.11.14

七日目 二十三番

七日目
二十三番
歩行:約15km
歩数:28808
出発地:ダムの公園
宿泊地:道の駅 日佐和の東屋
体調:左足親指のマメ
右親指と着け根にもマメ
右足の裏が歩くと痛くて、ちょっと辛い

ダムの野宿は人も車もまったく来なかったけど、獣が少し気になった。
夜は近くの木がパキパキ音がしたり、朝は遠くから犬の声が気になった。
まあ、何事もなく朝を迎えました。
20131114200112d4b.jpg

今日は15km先の23番へ。

昨日目星を着けていた遍路小屋はテントが張り辛そうでダム公園で正解だった。
20131114200116dce.jpg

ひたすら国道沿い。

四国は国を上げてお遍路サポート。
20131114200113a46.jpg

地図のは載っていない遍路小屋もあったけど、トイレがどこもないなー。
20131114200100663.jpg

それにしても、とうとう足が支障あるぐらい痛くなってきた。
昨日の階段地獄のせいか右足の裏が痛い。
若干ペースダウン。

前なら15kmぐらい大したことなかったが、今日はちょい辛い。

そして日和佐の街についてまず郵便局へ。
20131114200115405.jpg
昨日受け取った資料を記入して、会社の送った。

そして23番薬王寺。徳島最後の札所。
201311142006027ce.jpg

とりあえず、お遍路徳島は完了!

で、昼飯にうどん食べて、温泉もあるので入ろうと思ったら、13時からの営業なので待つことに。
一時間程度あるので、道の駅日和佐にいったら、遍路さんが二人いた。
二人ともお遍路プロの出で立ちで、一人はカートに荷物満載、もう一人は60Lザックに手提げバック二つの大荷物。
何周もしているようで、いろいろご至難頂きましたー。
で、二人とも今日は道の駅に泊まるようで、こんな良いとこはないから、ぼくにも泊まったほうがいいと勧める。
うーむ、次の室戸までは遠いから少しでも進もうと思ってたが、足の調子も悪いしどうしようかな。

そこに、さらにお遍路仲間がやってきて、今は怪我でお遍路してないけど、たまたま来たらしい。
家に泊まってけよ。いやいや、いいよ。なんて会話をされていたが、とりあえず温泉の営業時間になったので、ぼくは温泉へ行った。

四日ぶりの風呂。
しかも、コインランドリーもあったので、全部洗濯した。
洗濯している間は雨具で過ごした。。。
しかし、乾燥機の能力が低く乾かすのに一時間かかった。

さて、やっぱ風呂に入ったら、やっぱ歩く気がしなくなってしまったので、ぼくも道の駅に泊まろう。
風呂を出て、郵便局で送り忘れたものがあったので、追加で送って、スーパーで買い物して16時ころ道の駅に行った。
もしかして、他にもお遍路増えてたりして、なーんて考えていたら。。。


20131114200602cc2.jpg

お遍路さんが誰もいなくなっている!


あー、家の泊まりに行ったのかな。
初のお遍路さんと話ができると思ったけど、なーんだ。
まあ、別の一人が好きだからいいんだけど、拍子抜け。

で、道の駅で日が暮れるのを待っていたら、バイクお遍路がキター。
20131114200602731.jpg

カブでお遍路してる学生さんでした。
日本一周先輩として、いろいろ指南したり、しなかったり。
七日目にして初めてお遍路さんと泊まりが一緒になった。

なんでもカブは四国で一ヶ月一万円でレンタルしたらしい。
そんなサービスがあるのか!
そんな旅話をいろいろ話したのだった。

スポンサーサイト
Posted at 20:09 | 遍路徳島 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.13

六日目 二十番から二十二番

六日目
二十番から二十二番
歩行:約27km
歩数:51181
出発地:道の駅勝浦の遍路小屋
宿泊地:ダムの公園
体調:左足親指のマメ
右親指と着け根にもマメ

道の駅の野宿はやっぱりトラックのアイドリングがうるさかった。。。

夜明け前に目が覚めてしまったので、早々後片付け。
201311132006180e3.jpg

でも、道の駅の営業も早いようで五時半頃から野菜を積んだトラックが来出した。
建物の裏にテント張らないでよかった。

さて、今日は小さい山を二回越えるお遍路ルート。
標高500mぐらいなんでたいしたことない。
おっ、途中にこんな立派な遍路小屋があったんだ。
20131113200635652.jpg

地図にない情報もまだまだあるのかな。
二十番 登頂。
いったん沢の集落まで下る。
しかし、下りは階段地獄。
201311132006246eb.jpg

階段は膝に負担がかかるから辛い。。。

そこの休憩所にはなんとみかんのお接待。
久々ビタミンはうまい!!
201311132006164bf.jpg
ありがとうございます

もういっちょ山を上って二十一番に登頂。
20131113200628601.jpg
最後の急坂は
けっこうきつかった。

そして下った辺りで歩き遍路の人が追い付いてきた。
これまですれ違いでしかお遍路さんと話す機会がなかったけど、
歩きながらお遍路さんと初めて話す。
区切り打ち宿兄さん遍路さんなんだけど、野宿遍路が珍しいようで、
これまでのことをベラベラしゃべってしまった。
おっと、兄さん遍路さんのがペース早いので10分ほど話して先行ってもらうように別れました。

二十二番への峠越えはまた階段地獄。。。
201311132014122af.jpg

で、二十二番に着いて、ここから昨日郵便局で取れなかった荷物を取りに一旦電車で新野駅から立江駅に戻る。
20131113201411db2.jpg

7駅ぐらいと結構距離があり、電車も一時間に一本しかなく不便。
立江駅に着いて、戻りの時間を調べると20後と1時間20分後になってる。
こんなとこで一時間も待ちたくないが駅から郵便局までは10分ぐらいかかる。
重い荷物背負ってダッシュで郵便局を往復して、なんとか間に合った。
しかし、電車は一両なのに高校生で満員状態で乗るの大変だった。

しかし、それでも電車往復とかなんだで二時間ぐらいかかってしまい、時間は17時の日暮れを過ぎてしまった。
20131113201356e2d.jpg

真っ暗な国道を歩きつつ、目星を付けている遍路小屋で向かった。
でも、その遍路小屋は国道沿いだし、もしかしたらトイレもないかもと不安要素があった。
そこに遍路小屋のちょっと手前にダム公園の看板が!

これは、と思い行ってみると、人気もないし、トイレもあるし、東屋もある。
トイレから東屋がダムの反対側なんだが、静かだしここにしよう!
20131113201357e95.jpg


ということで、今日は野宿Erらしく、ゲリラ野宿になりました。

なんかテントの外から草をバキバキしてる音が聞こえる。。。

Posted at 20:20 | 遍路徳島 | COM(4) | TB(0) |
2013.11.12

五日目 十八番から十九番

五日目
十九番から二十番
歩行:約25km
歩数:43137
出発地:地蔵院の東屋
宿泊地:道の駅勝浦の遍路小屋
体調:左足親指のマメ再発
右親指と着け根にもマメができた

地蔵院の夜はライトが明るいから、結局チューボーが戻ってきて、釣りだかゲームだか鬼ごっこだか
夜十時まで騒がしかった。
仕舞いにはテントのことをボソボソ見つけられて、気になった。
朝は朝で、おじいちゃんおばあちゃんが集まってラジオ体操が始まって、地元憩いの場らしい。。。
20131112205033127.jpg
そして急に夜は寒くなった。
今回の野宿地は失敗だった。

なので、朝は速攻で撤収して出発。

十九番まではけっこう遠い。
地蔵峠を越えたら、歩道のない道が多くて危ない。

国道沿いの遍路小屋。
大通りの国道にも遍路小屋があるんだ。
2013111220503192b.jpg

十九番恩山寺を済ませて、ちょっと郵便局に寄り道。
20131112205033fd4.jpg

会社からの資料を同居人にこの郵便局に送ってもらったのだが、まだ届いていなかった。。。がーん。
実は会社は有給消化中で在籍してて、記入しなければならない資料があるので、旅にでてて不便なことになっている。
なので実は有給中だから給料は出ていて、お遍路の出費は一日千円程度だから、毎日黒字なんだなw
まあ、後日電車でこの郵便局に戻ってこないと。

そして、二十番達江寺を過ぎて、次へ。
近くの洋食屋で昼飯。

次までもなかなか長い何も起こらない道。
201311122050093bb.jpg

ひたすら田舎道で休憩場所も少ない。
20131112205029316.jpg


途中の帰宅途中であろう小学生から挨拶されたのだが
「さようなら」
って、言われて、なんて返そうか迷ったが、こんにちはと言ってしまった。
さすがに初対面の人にさようならって言えなかった。
なんかそれって、悪役がヒーローに言う台詞で、会ったのが最初で最後死んでもらうぞ、みたいな意味に思えて、一人思いだし笑いしてたw

そして、道の駅勝浦に到着。
ここには、遍路小屋と言う名の東屋があるので、ここで就寝。
201311122054304d1.jpg

開放的だけど、一応布団があるんだ。。。

で、今日はここで徳島在住の昔の友達S助と待ち合わせて、ちょっと飯を食べにいった。
20131112205502219.jpg

車で今日通って来た道を15分で戻って焼き鳥を御馳走になった
(ノンアルコールビールです)
20131112205502d46.jpg

いろいろ昔話に花咲かせて、お接待して頂きましたー。

そして、道の駅に戻してもらった。
道の駅はガソリンスタンドが正面にあって、音楽がかかってるな。。。



Posted at 20:56 | 遍路徳島 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.11

四日目 十三番から十七番

四日目
十三番から十八番
歩行:約26km
歩数:45784
出発地:神山の公園の東屋
宿泊地:地蔵院の東屋
体調:足のマメは良くなった
しかし、左足の小指が圧迫されてちょっと痛い。
肩は凝った


昨日は温泉の明かりを見ながら就寝。
RIMG0003.jpg

静かでいいとこでした。
一晩感謝。

さて、ここから十三番までは車道をひたすら14km歩く。

歩く歩く。

車はびゅんびゅん通りすぎる。

かかしだけが応援してくれた。
RIMG0008.jpg


で、十三番大日時の到着。

長々歩いてきたので、まずはベンチで靴を脱いで足のケアだと脱いだら、写真お願いしますと、おじさんお遍路さん。
笑顔でパシャッっと。

そして、ここから十七番までは10km圏内に密集してるので、どしどし回る。
途中のスーパーでおにぎりと惣菜の昼飯。

十五番では、またさっきの写真遍路おじさんに写真を頼まれる。
今日は遍路さんが少なくて、待ってたら、ぼくがまた来たようだ。
ちょっと話したら、地元が同じ千葉県で近かった。
そんなお近くのお遍路さんから、あめちゃんのお接待を頂きました。
って、一袋は一人には多いな。
RIMG0032.jpg

十七番を終えたところで、以前バイクのときにお世話になったSすけアパートを懐かしむ。

そして時間にも余裕があったので、コインランドリーを探してたらあった。
RIMG0040.jpg

下着は三着しかもっていないので、ちょうど一回りしたところ。
トイレで下着も脱いで、全部洗濯してキレイになった。
(その間ズボンとジャージで過ごした)
洗濯中は隣のスーパーで買い物。
どうも靴下二枚履きだと小指が圧迫されて痛くなってきてるようだ。
なので五本指ソックスで圧迫されても擦れにくくしてみようと靴下を購入。

しかし、野宿遍路なのに温泉入って洗濯もして清潔遍路だな。
けっして潔癖性ではないんですがね。

で、今日の寝床へ進む道すがら。
おっ、この土手ならぜんぜん野宿できるなー。
なんか考えてたら、散歩のおっちゃんと談笑。
遍路道だけど、この辺は歩き遍路珍しいのかな。

あっ、橋を渡ったら徳島ラーメン屋があったので、早い夕飯にラーメン食べた。
とんこつと生卵という、微妙そうだけど、そんなマイルド感がけっこう好きなんです。
RIMG0044.jpg

そして、地蔵院の休憩所に到着。
今日はここの東屋で就寝。
2013111119335129c.jpg

住宅街近くなんで、思ったより散歩人やチュウボー釣り人が多いな。。。
というか、チュウボーは暗くなっても釣りして騒いでる。。。
チュウボー早く帰らないかな。
結局19時ごろに静かになった

たしかに、池に照明があるから夜釣りもできるな
20131111193352422.jpg


そろそろ夜は大分冷えてきた。

Posted at 19:35 | 遍路徳島 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.10

三日目 十二番

三日目
十二番
歩行:約15km
歩数:28779
出発地:山中のお遍路小屋
宿泊地:公園の東屋

お遍路小屋の夜は風がビュービューで目が覚めた。
朝になったら風は収まっていたけど、小雨がパラついていた。
天気予報通り今日は雨かな。
予報では日中は80%で雨と、雨確定だ。

雨を覚悟して、雨装備を出しやすいように荷造り。
コーヒーとパンの朝飯。
小屋の掃除をして出発。
一晩お世話になりました。
20131110164335963.jpg


そしたら雨は止んでいる。
まあ、そのうち降りだすだろうと思っていたが、逆に晴れてきた。
えっ、どうなってるんだ、今日の天気。

しばらく進んで、一本杉。
201311101644539d1.jpg


そして一旦集落の出たら雨がぱらついてきた。
これは本格的に来るかなと、カッパを装備。
20131110164501b52.jpg


したら、すぐに晴れ間が!
えっ、まあすぐ雨になるのかなと思ったが、空は晴れてくるばかり。

結局カッパはすぐに脱いで、ひたすら登る。
汗ダクダク。

そして小屋から三時間ほど登山で、十二番 焼山時に到着。
201311101644577f8.jpg


さて、ここから次は20kmあって、ルートが二つある。
最短ルートだと6km先に休憩所、遠回り車道ルートだと9km先に温泉と道の駅がある。
うーむ、どっちもそこから先は確実な野宿場所がない。
うーんうーん、と昨日からずっと悩んでいた。
確実なところで停滞するか、野宿地を求めてぶっこむか。
とりあえず、ルート分岐辺りの休憩場所でスダチジュースを飲んだ。
2013111016445646d.jpg


そしたら休憩場所にいた逆うちのお遍路おじいちゃんと話した。
どうも温泉のほうには、近くの東屋が静かでよかったぞと。
やっぱり温泉入っちゃうかー。
ちなみに、お遍路おじいちゃんは雨の予報だったから、この屋根がある休憩所で過ごすらしいが、
晴れてきて難儀なそうです。

つーことで、遠回りだけど車道ルートで温泉へ。
とくになに事もない。
神領という名前の学校が珍しいなと思ったぐらいか。
20131110165041ff3.jpg

あ、あと渓谷が若干紅葉してたな。
201311101650466cf.jpg


途中のサンクスで行動食を購入。

道の駅神山に到着。
トイレの隣のおじさんから、励ましの声を頂きましたー。

道の駅でうどんを食べて、近くの神里温泉へ。
と、その前におじいちゃんに聞いた公園をチェック。
おっ、たしかにこれは良い東屋。
201311101650332ae.jpg

温泉出たらここだな。

てことで十六時前には温泉にチェックイン。
飯食べて暗くなったら、東屋で就寝です。

それにしても、初めて三日とも良い野宿場所見つかって、こんな楽していいのかと自問自答。
歩き遍路の地図があるから、結構野宿場所にも困らないな。。。
温泉まで入ってぬるま湯野宿だな。
これからかな。
Posted at 16:53 | 遍路徳島 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。