--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.19

四十二日目 八十七番から八十八番へ 結願

四十二日目
八十七番から八十八番へ 結願
歩行:約20km
歩数:40412歩
出発地:弁財天拝殿の小屋
宿泊地:夜行バス
体調:マメ:左足親指の着け根、カカト
右足、カカト、親指と人差し指の間
マメの痛みはだいぶなくなってきた


朝起きたら、雨の音がする。
天気予報では、今日は雨は降らないはずだったが。。。
朝の天気予報を見たら雨の予報に変わってる。。。
テントも雨なのに珍しく結露してるし。
201312192234098c6.jpg
今日は早く出ようと五時半に起きたが、結局出発は七時前になってしまった。

まずは7km先の八十七番へ。
雨は降ったりやんだり、傘を閉じたり開いたり。。。閉じない。。。
傘の骨の間接が外れて壊れた。。。
軽量折り畳み傘だから、耐久性がないのはしょうがない。。。
いちおう手動で折り畳めるけど、開いた形が変だな。
幸いこのあと雨はほとんど降らなく傘の出番はなかった。
ギリギリ最後まで傘がもってよかった。

八十七場 長尾寺に到着。
2013121922345220c.jpg
朝イチで納め札箱を漁ってる人がいて、嫌な感じだ。
というか、人の納め札を集めて何がいいのかわからない。
納め札なんて普通に売ってるじゃん。

さー、最後八十八番まで12kmだ。
雨はやんでるけど、午後から雨が降る予報なので気分が晴れないなー。

道の駅とお遍路交流館にきた。
ここはどっちも野宿スポット。
八十八番手前は、他にもいい野宿地が多い。
2013121922345188a.jpg

お遍路交流館に寄ったら、一足早くお遍路証明書をもらえた。
20131219223301f76.jpg
まあ、飾るようなとこはないけどね。

八十八番までのルートはいくつかあって、多和神社経由、女体山越えのルートにした。
20131219223523b24.jpg
始めは車道の急登。
頂上の1km手前からは登山道。
この登山道が険しかった。
急登なのは今までの遍路道でもあったレベルだけど、頂上直下は岩場じゃん。
2013121922425373e.jpg
こんな杖なんて突いてないで、三点保持で登るレベルで危ないじゃん!雨で濡れてるし。
本当にお太師様はこんな危ない道を昔登ったのか?
最後の最後で一番危険なルートでした。
仕舞いには鎖場みたくなるし。。。登りでよかったけど、下りは嫌だ。
20131219224248026.jpg

頂上からの下りは普通の道でよかった。
それでも急下りだが。

八十八番が見えた。もうちょっと。
201312192242437b7.jpg

そしてとうとう着いたー。
八十八番 大窪寺に来ました。
20131219224250bea.jpg

遂に結願。
20131219224827c4d.jpg
短かったようで長かった。
一ヶ月前のことが一年前のことのように思うほど、お遍路の前半のことが懐かしい。

達成感よりも苦行からの解放感のがうれしいw

さて、八十八番からは一番に戻る方法もあるけど、一日かかる距離で遠い。
実は15日付けで会社も退職扱いになったので、早く帰っていろいろ手続きしたいのもあって帰る。
なので若干不本意だが、バスで駅まで帰る。
ヒッチハイクしてみようかと思ったら、ちょうどバスが来る時間だったので、バスに乗った。
というか、やはりヒッチハイクするとうな度胸はない。
バスには他にお遍路さん二人いました。
20131219224742962.jpg

志度駅から徳島駅に戻った。
まだ17時まえで時間があるので、駅前ホテルの温泉に入る。
20131219224832121.jpg

またまた徳島在住のシンスケが来れるが、来るまで時間があったので、駅ナカの徳島ラーメンを食べた。
シンスケいわくダメな店のようだった。

シンスケと合流しておすすめのお好み焼き屋へ。
豆お好み焼きが名物らしいが、甘い豆でお好み焼きには合わない。
チーズお好み焼きは職人の味だった。
201312192247314be.jpg

腹いっぱいだが、さらにおいしい徳島ラーメンを食べようと麺王なる人気店へ。
たしかの、さっきの駅ナカの店よりも濃厚で味を主張してるね。
20131219224826a24.jpg

四国に来たときはいつもシンスケにお世話になってるので、お礼に余ってるミニクーパーのパーツを送ってあげるよ。

そして夜行バスの乗車。
さらば四国。
四十二日間お世話になりました。


*リアルタイム更新は明日まで続けて、そのあとはまとめとかをアップ予定です。

スポンサーサイト
Posted at 22:51 | 遍路香川 | COM(9) | TB(0) |
2013.12.18

四十一日目八十三番から八十六番へ

四十一日目
八十三番から八十六番へ
歩行:約30km
歩数:57684歩
出発地:香東川の橋の下
宿泊地:弁財天拝殿の小屋
体調:マメ:左足親指の着け根、カカト
右足、カカト、親指と人差し指の間
マメの痛みはだいぶなくなってきた


橋の下は車の騒音がうるさいものの、人目は気にならないので快適だった。
20131218211103f8d.jpg

朝は天気予報通り雨がすで降っている。
荷造りして、雨装備して出発。
橋を出たら、ちょうど自転車に布団を載せた人が来て、橋の下に入っていった。
もしかして、ヌシでしたか。

川沿いに進んでいくと、他の橋の近くにトイレもあるじゃん。
こっちなら橋の下のグランドにも張れそうで、こっちのがよかったね。
20131218211146900.jpg

そして八十三番 一宮寺。
雨だと休める場所もないので、さっさと済ます。
あれ、本堂のとこにこの前もらったお地蔵さんと同じものがたくさん置いてある。
これは何か規格のものなのか?
201312182111263a1.jpg

ここからは高松の市内をいっきに抜けていく。
遍路道はメイン通りでない裏通りだけど、歩道があまりないけど車はビュンビュン走るので危ない。
メイン通りの歩道があるほうが安全なので、国道にでて歩いた。
おっ、このユメタウンは、リフレッシュ日にレンタカー借りたときに寄ったぞ。
このときは高松のアーケードのABCマートで靴を買ったんだ。
よし、雨だしアーケードに行こう。
2013121821114165d.jpg

アーケードに来た。
雨が避けれてうれしい。
重いザックを担ぎながら傘をさしてると、腕が痺れててきて辛いね。
だから、この前も雨の日は疲れたのかな。

うどん屋があったので、今日もうどんだ。
牛うどんが売りのようなので、牛うどん食べた。
20131218211135715.jpg
うどんを食べてたら、おじいちゃんがお遍路について話しかけてきた。
仕舞いに般若心経の説明まではじめて。。。ゆっくりうどんをたべさしてくれ。。。
うんうん、相づちしてたら、最後に600円接待頂きましたー。
あまり話をちゃんと聞けてなかったが、おじいちゃんも話して満足そうだったので、よかったよかった。

アーケードを抜けて、また雨に中へ。
しばらく歩いてうどん屋があったので、またうどん。
おばちゃんにカレーうどんを薦められたので、それじゃあカレーうどんを。
ちなみに、カレーは好物なので。
20131218211753f7f.jpg

3日連続でカレーうどん食べたけど、昨日のとこが一番おいしかったかな。

街中を雨のなかひたすら歩いて、12時頃にやっと屋島寺の山の麓に到着。
20131218211758d8c.jpg

海のまえにぽっかり立ってる山です。
結構急登。石畳か石階段の登山道。
登る前の東屋でウルトラライトダウンが脱いでいたけど、雨具装備だと蒸れて汗だく。
これはもう一枚脱いでおきたいが、雨の中脱げる場所がない。。。
くっそー、雨なんてきらいだー。
暑くて頭にきた。修行が足りないようだ。
八十四番屋島寺に到着。
20131218211800a91.jpg

やはり雨の中ゆっくりするとこはないので、さっさと済まして下山道へ。
この廃墟ホテルの軒先も野宿スポットらしい。
201312182118047e3.jpg

下山道は、山道。
木の階段とか岩とか根っことか雨の日はすべって危ない。
慎重に下山。

降りたところでスーパーで甘いもの食べて一休み。
次の八十五番もちょっと小山の上。
せっかく登って降りたのに、また登って降りる。
こっちは舗装路なので歩きやすいや、
また急登で汗だくになる。。。
八十五番 八栗寺に到着。
さっさと済ます。
201312182118048db.jpg

下山路も舗装路なので歩きやすい。
えっ、標識に傾斜が21%って書いてる。すごいな。。。
てか、傾斜って%って感覚がわからないよな。
たしかに、傾斜すごかったけど、思ったほどではなかった。

さて、もう25km歩いて、日が暮れてきて、足もガクガク疲れたぞー。
しかし、明日ゴールのために進まねば。ここら辺にいい野宿場所もないし。

道の駅源平の里むれで休憩。
20131218212320088.jpg
最悪ここで野宿かと考えていたが、ここは雨を避けてテント張れるまともなとこないね。
店の入り口かトイレぐらいだ。。。
野宿リストに無いわけだ。

ここで17時を回った。八十六番へはあと3kmほど。
念のため野宿候補地を探しながら進むが、雨の野宿地は住宅街ではまったくなさそうだ。

八十六番 志度寺に到着。
20131218212329f63.jpg
17時を過ぎていたけど、門は空いていたので、拝んで来た。
今日の目標は完了。

野宿地へ行く前にスーパーに買い出し。
スーパーの前にオサレラーメン屋があったので、野宿最後祝いにラーメンでも食べるか。
油ラーメンを食べた。
201312182123314de.jpg

スーパーで買い出しして、荷物を担いで、さあ野宿地に行こうとしたら、
なんと若い女性が車で送りましょうか?
と声をかけてくれるではないか!
反射的に、近くなんで大丈夫ですよと断ってしまった。
まあ、野宿地に送ってもらうのもな。。。と思ったが、もし断ってなければ、野宿は大変だから家に泊まってってくださいみたいな展開がwあったりなんだったりw
お遍路最大の失敗だなw
きっと雨の中で日も暮れて歩こうとしてたから、気を使ってくれたんですね。
ありがとうございます。

と言ったものの、実は野宿地は具体的な場所がわからない。
スーパーを曲がって、建設会社を曲がったら、神社かなにかがあり、東屋ではなく何かがあるらしい。
行く途中にたこ焼き屋があったので、これまた最後の野宿祝いにたこ焼き食べるかと、たこ焼きをテイクアウト。
進んでいくと、あー、あの建設会社か。
あ、道沿いに東屋もあるけど、ここは真ん中にテーブルがあるからテント張るには向かないな。
で、ちょっと進むと、森の中に階段があった。
ネット情報だとここを登るのか。
真っ暗な雨のなか、森の階段を登るとか肝試しかよっ。
20131218212253780.jpg

登ったら何かあるー!
20131218212309711.jpg

祠みたいなんだけど、祠の前が小部屋みたいになってて、雨風が防げる!しかも10畳ぐらいで広い。
ドアはないけど、これは雨でもバッチリな野宿場所だ。
こんな森の中、人も来ないだろうし、これは快適そう。
この広さなら、雨で濡れたものも干せるしね。
2013121821265431e.jpg

最後の野宿地は良い場所でした。

八十八番まであと20kmで射程圏内。
いよいよ明日結願の予定です。

Posted at 21:27 | 遍路香川 | COM(2) | TB(0) |
2013.12.17

四十日目 七十九番から八十二番へ

四十日目
七十九番から八十二番へ
歩行:約30km
歩数:52371歩
出発地:瀬戸内道下の公園
宿泊地:香東川の橋の下
体調:マメ:左足親指の着け根、カカト
右足、カカト、親指と人差し指の間
マメの痛みはだいぶなくなってきた


昨日寝る前に左カカトの新たな小さいマメができていた。
さわると痛かったので、水抜きしておいた。
今日は問題なかった。
昨日はちょっと早足で歩いていたから、別の場所にできたのかな。

瀬戸内道下の公園は、たまに人が通りすぎる。
人のわめき声みたいなのがちょっと聞こえて、テントのなかでビクビクしてたが、
とくに何事もなかった。
朝は明るくなるころには撤収。
20131217193316ac8.jpg
明るくなってきたら、散歩の人が来だした。
住宅街の公園は、やはり人がくるな。

今日はまず街中を4km抜けて、七十九番へ。
香川は、他の県よりもやはり都会だな。
まだ一番都会の高松じゃないのに、これは野宿リストがないと野宿場所を探すのが大変だ。

七十九番 高照院に到着。
20131217193353df2.jpg
あれ、ここは神社と隣同士?神社に入ったと思ったら、高照院だったでござる

さて、ここまでうどん屋がなかった。国道沿いの道じゃなかったしな。
次の八十番までは6kmだけど、そこからしばらく山に入るので、それまでに飯を食べないと。
うどんにこだわっててもしょうがないのでコンビニでオニギリとつくねを食べておいた。
そこから5分歩いたら、うどん屋あった!コンビニで食べる必要なかった。。。
こだわり麺やっていうチェーンぽいとこだけど、カレーうどんが売りのようなのでカレーうどんを食べた。
2013121719340578d.jpg
カレーうまいじゃん。

そこからさらに10分歩いてたら。山下うどんってのがあった。
香川のうどんやっぽい民家っぽいお店で、いかにもさぬきうどんな感じだ。
ここは食べとかないとな。
うどん小を食べた。
なんかお店によって、メニューの呼び方が違うから難しい。
スープが薄いな。これは関東人だからか。
20131217193414331.jpg
もう腹一杯だ。


これはなんのクイズだw
埋蔵金でもあるのかな。
2013121719341371c.jpg


八十番 国分寺に到着。
ここの太師堂は、どこから拝むのかよくわからないな。

山への道はプリンスホテルを曲がると地図に書いてあったが、こんなとこにプリンスホテルなんてあるのか?
20131217194224d65.jpg
あったw

ここから山。
20131217194209663.jpg

この山を左のほうに行って、右の方へいって駆け巡るコース。
コルへの登りは急登だ。
予想よりも急で疲れた。
コルからは下り坂。
ん、自衛隊の演習場の脇を通ってくのか。
20131217194246ac1.jpg

と思ったら、フェンスすぐになくなって、立ち入り禁止の中?
進んでいくと、閉まってるゲートにぶちあたったw
20131217194230ff4.jpg

なんだこれ、自衛隊の演習場に閉じ込められる。
すぐ前の分かれ道があったから、別のほうに行ってもゲートが閉まってる。
うーん、この隙間から出ればいいのかな。
20131217194243644.jpg

出たら、道路の向かいに遍路道の看板があって、なんとか復帰できた。
危うくぼくの存在とこのブログが消えていたかもなw
遍路道恐るべし。

七十一番 白峯寺 納経

そしてまた山を登って降りて5km歩いて七十二番 根香寺。
通りかかったおじさんと今日はどこまで行くんだいてきな会話。

よし、山おしまい、あとは下るだけ。
下りのスカイラインからは絶景。
瀬戸内海。
2013121719484369c.jpg

高松の街。
20131217194837e11.jpg

こうして見ると香川って平地なのに山がポコポコあって変わった地形だなと思ってたら、
瀬戸内海も島がポコポコあって同じなんだな。
でも、香川みたいな山がポコポコある地形ってなかなかないよなー。

さて、下りは一時間以上あって、けっこう足がガクガク。
もう日暮れ前になった。

ん、なんかお堂の中の白依の人とおじさんが何か話してる。
すれ違いぎわにトイレがうんたらー。
あー、あそこは野宿リストに載ってた太師堂で泊まる交渉をしてるのか。
たしかに住宅街の中だからトイレに困りそうだな、どうなるんだろう。
珍しく若いお遍路さんぽかったので話せばよかったな。

ぼくはもうちょっと進みます。
スーパーで夕飯を買ったら、17時過ぎ。

今日の寝床は野宿リストに載ってないけど地図に河川敷公園って書いてあって、橋があるからそこを目当てに行ってみた。
んん、橋の足の裏に人目がつかなくていいんじゃない。
あ、でも地面が穴が開いたブロックだから野宿リスト入りしてないのかな。
たしかに、この路面ではおすすめできる場所ではないけど、
ぼくは人目がつかない場所がいいので、ここにしよう。
穴はちょっと石を敷き詰めて、なんとかいけるでしょう。
20131217194834384.jpg

飯食べて、ブログ更新。
橋は国道の下だから車通りが激しいけど、そんなときはカナル式のイヤホンで音楽聴いてれば就寝できる。

Posted at 19:50 | 遍路香川 | COM(0) | TB(0) |
2013.12.16

三十九日目 七十一番から七十八番へ

三十九日目
七十一番から七十九番へ
歩行:約28km
歩数:50024歩
出発地:亀山建設の休憩所
宿泊地:瀬戸内道下の公園
体調:マメ:左足親指の着け根、カカト
右足、カカト、親指と人差し指の間
マメの痛みはだいぶなくなってきた


八十八番後にどうするか考えたけど、金曜、土曜になるといいバスのチケットがもうないので、木曜中に帰ることにした。
なので八十八番に行ったら、即日帰ることなる。
八十八番から駅まではそこそこ距離があるので、バスの間に合うようにしなければ。
とりあえず、ネットでバスのチケットを購入手続きした。


休憩所は、意外に外の走行音がしたけど、それ以外は快適でした。
相変わらず朝は寒いけど。
20131216213603675.jpg
荷造りして出発。

近くにコンビニがあるので、ネットで手続きしたバス代を払っておいた。

今日はまず4km先の弥谷寺へ。
歩いてると、たまたま家からでてきた奥さんに、遍路道はちょっと前のところを曲がることを
教えてくれた。
危ない危ない。遠回りするとこだった。ありがとうございます。
遍路道ステッカーだけを頼りにカーナビよろしく進んでると、ステッカーを見落としたら、すぐ道を間違えてしまう。

七十一番弥谷寺は、ちょっと山の上で階段が500段もある。
でも、石寺みたいで、けっこう雰囲気があるところだ。
20131216213525c96.jpg
せっかく登った本堂は工事中で拝めなかったが。。。

4km進んで七十二番曼茶羅寺。
800m先の七十三番出釈迦寺。
ちょうど門から出てきたおじさんに話しかけられる。
どうもお寺への出資者のようで、ここが自分の名前の石で元郵便局長で、お寺に貢献していることを自慢していた。
元郵便局長の名刺までもらっちゃった。。。
旅中も郵便局にはお世話になってます。
ふーむ、こういう人がお寺に出資してるんだなー。
20131216213551bcb.jpg

3km進んで、七十四番甲山寺。途中の道で50円自販を発見。
ためしに、三流コーヒーのボタンを押したら、ディスカウントストアで38円で売ってそうなコーヒーが出てきた。
でも、自販で暖かいコーヒーが50円で飲めるならいいね。
20131216213604a21.jpg

2km進んで、七十五番善通寺。さすが市の名前になってるだけあって、でかい。
本堂と太師堂が別の敷地だ。
本堂の中もでかかった。
201312162135413d5.jpg

次へ向かう遍路道の途中にうどん屋があった。
看板はなくビニールハウスの農家のようなうどん屋だが、平日でも客がそこそこいるので有名店か?
釜玉を食べた。絶妙なコシですね。
201312162141413e8.jpg

さらに進んで、コインランドリーがあったので、洗濯。
洗濯中に近くにあったうどん屋釜福ってとこでカレーうどんを食べる。
カレーおいしいじゃん。
20131216214152cbe.jpg

七十六番金倉寺。
七十七番道隆寺に向かってるときに、カートお遍路じいさんに追い付いた。
カートお遍路じいさんから、ミカン三つあげると、ミカン頂きましたー。
それにしても、ベビーカーの満載なぐらい荷物多かったな。

さらにお寺手前で、お遍路さーん、と家の中から声がした。
おじさんはこれお接待ですと、倅の手作りお地蔵様を頂きましたー。。。
うむ。。。
なんとこの前お遍路で話題になった元首相にも渡したとか。
20131216214130720.jpg

そして丸亀市に入った。
丸亀うどんのせいで、うどんと言えば丸亀とイメージになってしまった。
もちろん丸亀うどんが、丸亀市と関係ないのは知ってます。
丸亀市でうどん食べたいなと思ったけど、もう昼がとっくに過ぎてて、いくつかうどん屋はあったけど、食べれなかった。
丸亀城を一瞬見た。
20131216214155eb0.jpg

おおっと、なんだかんだもう日が暮れる。
七十八番まで今日は行くんだ。
七十八番郷照寺に着いたときは、すでに17時を回っていた。
まあ、今回は朱印は集めてないんで、いいんです。
いちおう寺内には入れたので、拝んで来た。

さて、寝床に行く前にスーパーに行くか。
お寺の高台から見えていたスーパーに行ったら、大きいお店だった。
ついでに、お土産を家に送っておいた。うどんと銘菓。
201312162141342a1.jpg

晩飯もフードコートがあるからついでに食べてくか。
ラーメン半チャーハンセットを食べた。
パン屋も100円タイムセールだったので買った。

そして今日の寝床へ。
途中に遍路小屋はあるけど、ここは大通りから丸見えなのでパス。
20131216214453263.jpg

先に瀬戸内道路の高架下にある公園に到着。
まあ、遍路道を少し外れたら、他に公園が あるらしいが、もう19時だしここでいっか。
テントをどこに張ろうかな。
人目が着かない場所は、ちょっと風にあたってテントが張れない。
ちょっと人目が着くけど、風が当たらない側にするかー。
うーん、ちょっと傾斜してるけど、致し方ない。。。
20131216214500622.jpg

香川の遍路道は、なかなかアーバンで困る。
Posted at 21:46 | 遍路香川 | COM(4) | TB(0) |
2013.12.15

三十八日目 六十七番から七十番へ

三十八日目
六十七番から七十番へ
歩行:約28km
歩数:52680歩
出発地:雲辺寺の通夜堂
宿泊地:亀山建設の休憩所
体調:マメ:左足親指の着け根、カカト
右足、カカト、親指と人差し指の間
マメの痛みはだいぶなくなってきた


標高900mでの就寝は、いつもウルトラダウン着て足にホッカイロ、
更に上下レインスーツ着て、お腹にホッカイロをしてシュラフの中に入ったら、
寒さはぜんぜん大丈夫だった。
朝シュラフから出るのは気合いがいるけどね。
2013121521190247d.jpg

荷造りして部屋の掃除して出発。
一晩お世話になりました。

いよいよ今日から香川入り。
香川のお寺は、最初の雲辺寺は山だけど、あとがほどんど密集しているので、ゴールまで後少しだ。
雲辺寺の下山道は一時間以上下りまくる。
下山道入り口にも五百羅漢がいっぱい。
もう見切れない。越谷レイクタウンのお店かよってぐらいに多すぎる。
20131215212001ce3.jpg

下山道は下りルートなのに異様に休憩椅子が多い。
201312152120168bc.jpg

登りのところに分けて欲しいもんだ。
下って空気もやっと普通に戻った。

下ったら、田舎道が続く。
10km歩いて六十七番 大興寺に到着。
20131215212013798.jpg
今日は日曜だから参拝客もいっぱいだ。

ところで、雲辺寺をでてから10km未だ食べ物やがない。
昨日もレストランが一軒あっただけで、昨日からコンビニすら見かけない。
六十七番からあと5km歩いたらスーパーがあるようだ。
やっとスーパーに着いたー。
カキフライ弁当を食べた。腹一杯になった。
20131215212015947.jpg

そしてさらに3km歩いて、六十八番の前にスーパーで甘いものでも食べようかと立ち寄ったら、
おばちゃんにお米のおかし(自家製)を頂きましたー。
こういう駄菓子あったね。
ありがとうございます。
20131215212926444.jpg

そして六十八番は六十九番と一緒の敷地にある変わり種。
六十八番 神恵寺 六十九番 観音寺。
20131215212900e5c.jpg

もう八十七ヶ所でいいじゃん。
いちおう敷地は同じだけど、建物は別です。
まずは六十八番はと。
2013121521293008b.jpg
おおっ、コンクリート打ちっぱなしの近代的本堂かと思ったら、
この奥に普通に本堂がありました。
コンクリートは門みたいな感じだった。
六十九番は普通です。

七十番 本山寺は5km。
今日はひさびさに青空が見えて天気いいけど、空気が冷たい。
いよいよ冬本番になってきた。
20131215212941ef1.jpg

七十番に到着したら、ちょうどツアーバスが三台ほど着いていて、至るとこで合唱バトルだった。。。
20131215212950035.jpg
うーむ、さらにバスがきて百人ぐらいはいるな。
八十八ヶ所の寺の集客力、恐るべし。

今日はあとは歩くのみ。
国道沿いをひたすら歩き。
お、うどん屋があったので食べよう。香川に来たからには、毎日うどんか。
20131215213404aa4.jpg

時間は16時過ぎ。
今日はまだまだ歩く。
今日は温泉がある道の駅があるので、そこまで行くんだー。
と、休憩所を発見。
201312152134287cd.jpg

部屋みたいで、中もキレイで、電気も点くし、畳もあるし、ポットもある。
なんだ、この快適空間は!情報になかったぞ。
宿泊もOKのようだ。
うーん、ここから4km先の道の駅まで行く予定だったが、ここはとてもいい。
道の駅まで行くと距離がオーバーワークなんで歩きたくない距離だった。
でも、温泉に入りたいしなと、そういば休憩所の前に温泉が1.2km先にあるという。
調べたら、ちゃんと営業しているようだ。
よし、この休憩所に荷物置いて、温泉行って帰ってこよう。

温泉は国道を外れて1.2km行くとありました。たかせ温泉ってとこだ。
空荷なら1kmなんて楽だ。
20131215213418d1b.jpg

普通にスーパー銭湯で気持ちよかった。晩飯も食べた。
帰り道は真っ暗だった。

そして休憩所に戻ってきた。
2013121521343827b.jpg

ポットでコーヒー頂きました。
ここは亀山建設というところの休憩所のようです。
ありがたやありがたや!
どうも臨時に開設して、12月上旬まで開設予定みたい。
まだ開設してて助かった。


ところで、お遍路終了までのルートを考えると、あと4日でゴールの予定になる。
木曜日に最後の大窪寺に到着するんだけど、大窪寺から駅までも遠いので、木曜か金曜どっちに高速バスに乗るか考えた。
しかし、金曜はクリスマス前ってのもあるのか、ほとんど満席に近そうだ。
木曜に帰るようにしようかな。
バスのチケットも早めに予約しなきゃ帰れなくなりそう。
Posted at 21:37 | 遍路香川 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。