--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.11.30

二十三日目 三十九番へ1

二十三日目
三十九番へ1
歩行:約30km
歩数:48020
出発地:以布利漁港の東屋
宿泊地:中筋川ダム公園の東屋
体調:マメ:左足親指の着け根、カカト
右足、カカト
マメは一日歩いて少し痛くなる程度でたいしたことなくなってきた

今日は何事もなく朝を迎えました。
バーナーのガスが残りわずかっぽいので、お湯は沸かさず自販でコーヒーとパンの朝食を済まして支度。
20131130184056971.jpg
七時には出発。


今日は10kmほど戻ってから、新しい道に入ります。
昨日の海岸。
足跡は、犬っぽいのと鳥っぽいのがある。
まだ、アレが気になる。
20131130184206156.jpg

あっ、ショルダーバックの鎖が金属磨耗でとうとう切れました。
昔から使ってる紐だったから、金属部分がかなり磨耗してて、とうとう切れた
20131130184207bb4.jpg
とりあえず、カナビラで代用できた。
しかし、カナビラも100円のはダメだね。
開け閉めするバネがすぐに折れてパカパカになる。

今日のルートに唯一飯が確実に食べれるスリーエフに到着。
10時だけど、もう昼飯に弁当食べて、夕食のラーメンと朝飯のパンも購入。
ガスボンベは一個200円と高いけどしかたなく購入。一個で売ってるだけマシだな。

まだ道を戻ってドライブイン水車に到着
201311301841066b6.jpg
あれ、今日は営業してるんだ
一昨日は閉まってから、てっきりやってないのかと思ってた。
ここで昼飯食べれたね。
遍路歩きの地図には飯処も載ってるんだけど、いかんせん田舎だから当てにできないんだよな。
下手したら食いっぱぐれてしまう

そして、ここから三十九番への道に別れる。
道は山の県道が続く。

昼になったので、いちおうオニギリ一個の昼飯を食べる。
20131130185157d90.jpg
うーん、良い天気


地図に載ってないけど、山の遍路道があったので、そっちを歩いた。
遍路道は古い道というか、単に山道だよな。
というか、山道だって古い道ってたくさんあるんじゃないかな。

小学校跡と地図に載ってたところが、本当に小学校の廃墟だった。
20131130185206050.jpg

せっかくだから中もちょっと除くと、良廃墟でした

これはミステリーサークルか?
201311301852064f5.jpg


通りすがりのおじさんが、偉いねー、今日はどこまで行くんだい?
と、話しかけてきた。
大体相手は、どこどこの宿まで、とかを期待してるので、いつもどこどこでテントを張ろうと思ってますと、言い辛いんだな。
今日のおじさんは、それでも偉いもんだねー、と言ってくれた。

途中の何かの広場の策の中で犬がチリンチリンと鈴を着けて走っていた。
犬に鈴をつけるもんなんか!やっぱあれは!


そして野宿の目星をつけていた、いこいの森というところの来た。
ありゃ、屋根は申し分ないんだが、下がでかい石の砂利じゃあテント張れないぞ。
20131130185143e7c.jpg

うーん、ちょっと先のダム公園にも東屋があるらしいので行ってみよう。
先というか隣だったw

うーん、固定椅子だからテントが屋根からはみ出そうだけど、ここにすっか。
静かそうだし。
20131130185141ddb.jpg

まだ17時前だったので、今後の計画を考えながら、17時にテント設営。
暗くなったら、昼の日差しは暖かったのに、一気に冷えてきた。
山は寒いな。

スポンサーサイト
Posted at 18:54 | 遍路高知 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.29

二十二日目 三十八番へ3

二十二日目
三十八番へ3
歩行:約28 km
歩数:46675
出発地:大岐海岸の東屋
宿泊地:以布利漁港の東屋
体調:マメ:左足親指の着け根、カカト
右足、カカト
マメは一日歩いて少し痛くなる程度で軽傷。
脹ら脛が疲れてる。


海岸での夜は、19時を回ってすっかり暗くなっていた。
誰一人海岸には来なかったが、突然

チリンチリーン、チリンチリーン

という音が近づいてきた!
なんだ人か?しかし、明かりを照らしてる雰囲気はない。

チリンチリーン、チリンチリーン

音は近づいてくる。

ガクガクブルブル。
ぼくは得体のしれないものに、テントでガクブルした。

チリンチリーン、チリンチリーン

なんかテント付近を彷徨いてるような気がする。
テントは高床式の東屋なので、東屋の下にいるのか?
足音は砂浜だからか、聞こえない。息づかいもとくに聞こえない。

チリンチリーン、チリンチリーン

遠くなってく音に少しほっとする。

ワンワン、ワオーン

遠くで犬の声が聞こえた。
犬だったのか?チリンチリーンの正体に犬が吠えたのか?

なんだったんだ、チリンチリーンは。音的には大きい鈴のような音だった。
そういえば、金剛杖に着ける鈴と同じような感じかも。もしかして、お大師様でしょうかw
犬?
猫?
ドラえもん?
お大師様?
お遍路さん?
超常現象?
怪奇現象?
心霊現象?
自然現象?
ポルターガイスト?
妖怪?
魔物?
MMR?
何にしても怖くて、東屋から林の中の50m先にあるトイレに行けませんでした。

そのあと寝たけど、2時ぐらいに目が覚めてトイレに行きたくなってしまったので、ダッシュでトイレに行って、
ラジオ聞きながら寝たら、七時過ぎですっかり明るくなってて、寝坊してしまったw

あっ、シュラフが濡れている。
昨日はシュラフとシュラフカバーで寝てただけど、シュラフカバーを上下逆で履いてしまっていた。
シュラフは下側が頭の分だけ長いんだけど、上下逆だから、すっぽり顔も覆うことになる。
あれ?覆った方が暖かい!
というわけで、すっぽりシュラフを被って寝てたら、どうも息で結露したのか、
シュラフの頭の部分が濡れてました。
でも、ちょうど朝日に当たる海岸だったので、東屋で干せて一安心w
20131129200101cf4.jpg

さ、荷造りして出発。もう八時前だw野宿といえない遅いスタート

おっ、第一海岸人の犬の散歩のお姉さんが居たから、野良犬がいるか聞いてみたけど、いないみたい。
もしかしたら、犬を放している人がいるかもしれないとのこと。
放してる犬だったのかなー。
やっぱ真夜中のお遍路さんなのかなー。
そういや、砂浜には犬っぽい単独の足跡はあるように見える。


さて、砂浜から出る遍路道はわかり辛い
2013112920060941f.jpg

あそこの岩の間を登っていく道がありました。

おっ、ここが本当はここまでこようと思っていた以布利の東屋。
2013112920005145c.jpg
情報通り大きくていいね。
今日はこっちまで打ち戻りだから、今日はこっちでテント張ろう。

ここからの海岸を縫う遍路道は分かりづらい。
20131129200045827.jpg

ここから足摺岬へ行く途中にある唯一の飯が買えた魚屋でカツオご飯と練り物をゲット。
近くのベンチで朝昼飯に食べた。

津呂の遍路小屋。
201311292000315ee.jpg
ここはお婆ちゃんが個人的にやっていたらしい。
おっ、遍路小屋なのになぜかホクレンの2007年のフラッグが制覇されてる
(ホクレンとは、北海道ローカルのガソリンスタンドで、バイクで給油すると旗がもらえる。
旗は、道北、峰南、道東、道西と色がわかれているため、全色持ってると、北海道をたくさん回ったという称号が得られ、バイク乗りならみんな集めていたフラッグなのだ。今でもあるのかは知らない。)
で、2007年といえば、ぼくも日本一周中に北海道は一ヶ月居たので、このフラッグを集めた人と会ってたりしてたりしてねー、なんて思った。

足摺岬へ2kmほど手前で先日会ったお坊さんお遍路さんも打ち戻りのようで会った。
荷物を持っていなかったので、もしかして宿に預けて戻ってくる作戦か。
野宿だと、さすがにテント張りっぱなしってわけにはいかないからな。
足摺岬からは打ち戻りのルートの人が多いのかわからないけど、打ち戻りの人とどれぐらいすれ違うかなと思ってた。
昨日は三人だけど、今日はこの後一人としかすれ違わなかった。
ということは、同一日程の歩き遍路は、三人ぐらいしか居ないのかなー。
これじゃあ、野宿地でお遍路さんに会わないよな。

そして昼頃に足摺岬入り口に到着
201311292012341dc.jpg

38番 金剛福寺で納経。
金剛福寺は、庭に新しい石がたくさんあった。
20131129201247468.jpg


昼飯は、カツオ飯のつもりだったけど、夜食べるのが少ない分腹減ったので、お土産屋で鯖の浸け丼を食べた。
201311292012394ba.jpg

予想以上においしかった。
足摺岬も行ってみたかったけど、足と時間に余裕がなかったから、飯屋からの眺めで我慢しよう
20131129201232685.jpg

さ、今日は元来た道を戻るだけー。
今日は25kmほど歩いた辺りから、脹ら脛がピキピキキツかった。
今まではマメの痛みで気づかなかったのか。

なんとか17時までに戻ってきて、朝通った以布利の東屋に来た。
今日はここにテントを張ろう。
20131129201141f99.jpg

近くに民家があるんで、チリンチリーンが来ても大丈夫だw



Posted at 20:14 | 遍路高知 | COM(4) | TB(0) |
2013.11.28

二十一日目 三十八番へ2

二十一日目
三十八番へ2
歩行:約32km
歩数:47595
出発地:土佐入野の公園
宿泊地:大岐海岸の東屋
体調:マメ:左足親指の着け根、カカト
右足、カカト
朝は順調。後半は、また水が溜まり出したのか両足のカカトが痛かった
でも、マメの痛みは大丈夫だけど、痛くないと今度は足が結構疲れてきている感じだった。

公園は静かでよかった。
明るくなるころには支度して出発。
201311281915284a4.jpg

今日は曇りで時おり雨がパラつく。
そして寒い。
もう手袋を装備する季節になってしまった。

散歩のお爺さんとちょっと話ながら公園を進む。
この公園は、大きいのにまったく東屋がないんだなー。

なんて考えていると、大きい休憩所を発見
えっ、これ休憩所!
20131128191545cd6.jpg

どうも中にはキッチンのような施設があって、元はお店だったのが休憩所になったっぽい。
ここならテント要らずだなー。

スリーエフがあったんで、というかスリーエフしかないんだけど、白依のまま入って買い物してみると、
またお茶をお接待頂いたー。
20131128191531bfa.jpg
スリーエフはお茶の接待をしてもらえるようです。

四万十川を越えた。
20131128191608f1a.jpg
あ、あの橋の下も野宿リストにある野宿スポットのようです。


昼飯にうどん屋に入ったら、実は雑誌にも載ったお店のようで、坦々うどんなるものを食べた。
20131128191600f59.jpg
けっこううどんを合ってて美味しかった。
古き良き店だった。
後からきた老夫婦お遍路さんとちょっと会話した


ここは1.6kmのトンネル
出口が進んでも進んでも近づかない。。。
20131128192152bd1.jpg

おっ、あれが足摺岬か?
201311281921018a4.jpg
明日には到着予定です。


一件宿の温泉に入った。
なんか外観からオシャレな感じなところで、自然派なところらしい。
冷暖房も使わない。お風呂は、自然石鹸で髪も洗う、温めで長風呂がおすすめなところ。
20131128192151b41.jpg
他にお客も居なかったんで、ゆっくり入れたー。いいお湯でした

さて、今日は30km歩いてもう日が暮れてきた。
大岐海岸からの夕焼けはきれいだった。
20131128192203f17.jpg

今日の寝床はここから3km先に東屋があるらしいんだけど、大岐海岸にも東屋があるじゃん。
トイレも奥にいちおうあるな。
17時で人気もないし、風も弱いし、今日はここにすっかー。
2013112819212815d.jpg

テント張って、飯食べて、マメチェック。
カカトに小さいのができているので、水を抜こうと針を刺してみたけど、小さいから抜けているのかよくわからん。

海の目の前は波がうるさいのがデメリットだな。

Posted at 19:25 | 遍路高知 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.27

二十日目 三十八番へ1

二十日目
三十八番へ1
歩行:約30km
歩数:50581
出発地:岩本寺過ぎの運動公園
宿泊地:土佐入野の公園
体調:マメ:左足親指の着け根、カカト
右足、カカト
靴を変えたら今までのマメは痛くないが、別の箇所にマメができ出した。。。

運動公園でテントを張ったあと、暗くなってから見回りか何かしゃべりながら近づいてくる様子があって、
明らかにテントにライトを照らして、発見したようだけど何もなかった。
もう真っ暗だし何も起こらないかなと思っていたら、19時頃になって駐車場に車が何台かきて話してる風だった。
えっ、もしかして不信なテントがあるって通報!
と、ドキドキしてたら、グランドの照明まで点いた。
えー、何が始まるんだ!
パコンパコンッ
えー、隣のグランドでテニスが始まったw
20131127191957422.jpg
しかも、3,4コート使ってるようでけっこう人数いる。
自分はその隣の野球のグランドにいるんで邪魔になってない。
こんな田舎の運動公園で真っ暗になってからテニスが始まるとは予想外。
しかし、照明がこっちまで届いてるから、テントから出にくいな。
もうトイレも我慢して寝よっと。
と、起きたら朝の四時になってたw

トイレ行って、歯磨きして、目が覚めたから起床予定の五時半まで起きてるかなと音楽聞いてたら、
六時半に目が覚めたw寝坊したw
まさか野球の朝連なんて来ないよねと、急いで撤収作業。
あちゃー、夜露でテントがビショビショだ。。。

さて、出発。
今日から足摺岬まで80kmコースなんだが、野宿地を考慮して、
30km、34km、13kmで進もうと思う。
ちなみに、足摺岬から次へは、いろいろなルートがあるんだけど、
ぼくは足摺岬から20kmほど戻ってくる距離が短いコースにしようと思う。

道はほとんど国道沿い。
うわっ、朝だと息が白い。。。
ユニクロのウルトラダウンが大活躍。
これは軽量で暖かくてコスパは素晴らしい。

お、お大使様です。
201311271920244a0.jpg


ちょいちょい休憩所があるので、ちょいちょい休憩しながら進む。
おーっ、ここの遍路小屋の隣に温泉があったのか。
温泉&野宿地があるとベストだよね。
201311271919566f6.jpg
時間が早かったので温泉には入れなかった。

あっ、お坊さんのお遍路さんだ。
挨拶だけすれ違う。ペースがすごい早そうだ。

ここは有名?なトンネルらしい
201311271920214e2.jpg
古いトンネルなんですね。わかります。

で、今日通る唯一のコンビニ弁当食べて出発しようとしたら、
店員さんからお茶のお接待を頂きましたー。
201311271919318f7.jpg
ぼくはお店に入るとき、ザックを店の外において白依をザックに掛けて店に入るから店に入ってるときはお遍路ってわからないけど、
外で白依を来ているときに店員さんから見えて、接待してくれたのかな。
しかし、コンビニの店員さんから接待頂くとは思わなかった、
そういう店の方針なのかな。
スリーエフありがとー。
(ちなみに、今お茶買ったので、お茶が1Lになってしまったんですがね。。。)

ここの佐賀大型公園ってのは、野宿にも最適そうだなー。
20131127192621625.jpg

こんな暴力的なピクト君は初めて見たw
20131127192644e40.jpg
気になって板を触ってみたら、プラ板みたいな感じだった。へー。

ちょ、釣り人は命かけすぎでは。。。
201311271926151d9.jpg

この家は宙に浮きすぎでは。。。
20131127194100403.jpg

さー、ひさびさの30km歩行は、さすがに足にくる。
てかさ、靴を変えたら、今までのマメは痛くないけど、新たなマメが出来てきました。。。
左足親指の根元とカカト、右足のカカトの三ヶ所がちょっと痛い。
まだ痛みは低いけど、ほっといたらまた肥大化するから早めになんとかしないとな。
タコの吸出しはあまり効いていないかも。というか、一日一回しか塗ってないから効果も薄いのかな。

道の駅 ビオス大方に到着。
おっ、今日すれ違った坊さんお遍路さんだ。
ちょっと話したら、昨日は36から37まで一日で行ったって!
えっ、それって58kmもあるんだけど、まじかよっ、やっぱお坊さんは常人と違うな。
あと、マメのことを聞いたら、針で糸を一針塗って、一晩放置する方法で水を抜いて、今では固くなってぜんぜん大丈夫みたい。
たしかに、その方法もネットで見たけど、糸を入れるのが怖くて試してなかった。
しかし、実際それで歩いてるお坊さんがいるなら、ぼくもあとでやってみようかな。
20131127192623c32.jpg

アドバイスありがとー。
お坊さんは、宿の迎えが来たのでお別れ。

で、道の駅でカツオ茶漬けなる美味しいものを食べて、隣にある土佐入野の大型へ。
たしか野宿リストだとここに東屋があるはずなんだが。。。。
って、よく読んだら野宿リストにあるのは、途中で通ってきた佐賀大型公園のほうだった。
じゃあ、ここに東屋はないのか?
なんかキャンプ場っぽいのはあるけど、今はシーズンオフみたいだ。
201311271926399b8.jpg

もうちょっと公園を進んでたら、雨が降ってきた。
今日の昼の天気予報は雨だったけど、晴れ男全快で雨が降ってこなかったけど、今さら降ってくるのか。
じゃあ、シーズンオフのキャンプ場の炊事場の屋根を使わしてもらうことにしよう。
シーズンオフだから炊事場の水さえ出ないが。。。
面倒だが水は1km戻って道の駅で組んできた。


そしてテントの中でマメを見ると、左足親指根元とカカト、右足カカトにマメができてきてます。
靴が違うだけで、こんなマメのできるとこ変わるとはwもぐら叩きじゃないか。
よし、お坊さんが言ってた針で糸を縫う方法を試してみよう。
針と糸とマメを消毒して、針をプスリと貫通。
2013112719404256e.jpg

よしよし痛くないぞ、お、針を貫通させた瞬間水が出てきた。
これなら糸を残さないでもいっか。
前は針を指しただけだったけど、針を貫通させたら水は抜けるようだ。
この要領で三ヶ所とも水抜き完了。
よーし、水抜きさえ出来るようになれば、今後はマメで悩まないかもね。

ばんそうはキアリーの呪文を覚えた。

さ、あと今日は何も起こらないこと願うw
Posted at 19:37 | 遍路高知 | COM(1) | TB(0) |
2013.11.26

十九日目 三十七番

十九日目
三十七番
歩行:約25km
歩数:39376
出発地:南国パーキングで車内泊
宿泊地:岩本寺過ぎの運動公園
体調:マメ:左足親指、小指のマメ、親指着け根の内側にマメ?
右足、親指、親指着け根、小指
マメは破れていたり、固くなってたりするが、酷い痛さは解消

車の中もやはり朝は寒い。
夜明け前にいつも寒くて目が覚めるが、車ならエンジン始動ヒーターかけてあったかー。
文明って素晴らしい。
20131126190809215.jpg
南国パーキングはトラックだらけ。

荷物を整理して、レンタカーを返して、高知駅へ。

お遍路を中断した土佐久礼駅の電車は、
8:20発 特急で9:20着2000円
9:30発 普通で11:00着1000円
だと、さすがに時間がもったいないから特急に乗っておくか。

土佐久礼に戻ってきた。
20131126190804db5.jpg

はぁ、一日楽すると、また寒くて痛い日が続くと思うと、憂鬱。
我ながらMなことしてるな。

一日休養して、靴変えて、杖をもって、薬つけた効果はどうなるか。
出だしは、足の痛みはなく好調。
金剛杖って、お大師様の変わり身なので、金剛杖をもってこそ同行二人になるんです。
20131126190712bd5.jpg

お大師様ー、カツカツカツカツ
お大師様身を削って、支えてくれるようですw
でも、杖をついてるととてもお遍路している気分になった。

田舎道の巨大建造物
20131126190804993.jpg
大迫力

ここら辺は休憩所がそこそこある。
2013112619080412a.jpg
森の中の休憩所は、野宿にはちょっと怖いかな。

そして、峠道。
20131126191341ee9.jpg
今日は足が痛くないから余裕。

小休止を挟みながら順調に進む。
おおっ、今日は足が痛くならないぞ。

昼飯はまたもやスーパーの惣菜。
なかなか入りやすい飯屋がない。

そして三十七番岩本寺の付近の町の道がわからず、人に聞いてやっと到着
20131126191340fdb.jpg


寺の裏の東屋は通夜堂みたいなもんなのかな。
20131126191344761.jpg


さて、高知はあと38番、39番だが、これがまた鬼のように遠いw
38番は80km
39番は40km
と、何日もかかる距離。
なんで足摺岬まで行かなきゃならんのだ。

今日は少しでも進もうと、三十七番をでて進むと、数キロのところに運動公園があった。
行ってみると、17時で誰もいないので、屋根があるところにテントを張らせてもらった。
20131126191322ecf.jpg

暗くなってから、見回りかなにか喋りながら人が近くにきたけど、とくに何もなかった。。。
やはり管理が必要な運動公園でテントはあまりよくないかな。

そういや、今日は足のマメの痛みはまったく大丈夫だった!
(マメ事態の見た目はあまり変化はない)
若干、左足親指の着け根の踏む箇所が、前から固いマメみたくなってて、ちょっと痛みがあったが、
リフレッシュ前に比べて大分改善された。
何がよかったのか、すべてよかったのか。
今後もこの調子が続けばいいんだけど。
Posted at 19:17 | 遍路高知 | COM(2) | TB(0) |
2013.11.25

十八日目 リフレッシュ日

十八日目
リフレッシュ日
歩行:約0km
歩数:15194
(歩行は遍路道を進んだ距離をだいだい地図から算出したもの。
歩数は、万歩計の計測歩数。そのため、寄り道が多いと、歩行と歩数は一致しません。)
出発地:高知駅のビジホ
宿泊地:南国パーキングで車中泊
体調:マメ:左足親指、小指のマメにまた水がたまって痛い
右足、親指、親指着け根、小指
マメの水は抜いたけど、相変わらず痛い
両足のカカトも痛い


朝起きたら天気予報通り雨。

観光っていう日に雨とは、良いんだか悪いんだか。
ビジホをチェックアウトして、予約してあった近くのニコニコレンタカーでレンタカーをゲット。
24h借りたので、今日はこいつで同居人と四国観光です。
20131125235240d1c.jpg
ナンバーもニコニコって、ちょっと恥ずかしい。

向かうは鳴門海峡。
20131125235414f25.jpg

高知ICから高速橋って二時間半で鳴門観光船に到着。
船は出ているが、今日は雨も強いが風も強い。
浪が高いと渦潮はあまり見えないようなので、結局船は乗らなかった。
20131125235406027.jpg

まあ、鳴門公園の橋からちょっくら見るかと行ったら、橋も強風で閉鎖。。。
あれ、室内だから閉鎖になるとは思ってなかった。
せっかく鳴門まで来たが、何もしないで撤退。。。

徳島市内へ行って、有名徳島ラーメン店の行ったら、定休日。。。
うーむ、しかたないから大通りで見かけた徳島ラーメン屋で食べたら、なかなかうまかった。
20131125235411cdd.jpg

徳島ラーメンってあまり外れがない気がする。

さらに高速で移動して、善通寺ICへ。
途中のサービスエリアでうどんを一杯のかけうどんを食べる。
善通寺ICを降りて讃岐うどんの長田なんとかって店でうどんを食べる。
20131125235414c92.jpg
ここはダシが特においしい。と同居人が絶賛していた。

ラーメン食べてうどん食べて、腹一杯になったが、やっと雨が上がってきた。
じゃあ、ここから近くのこんぴらさんへ行こうと行ってみた。
こんぴらさんは、長い境内が有名で700段の階段を登って、やっと御殿に着く。
あと、境内前のお店がたくさんあってオサレスポットのようだ。
そうそう、足の対策でぼくも金剛杖を使おうと思った。
ここのお土産やで売ってたので、ついでに買った。
201311252359488ce.jpg

ばんそうは、金剛杖を手に入れた
ばんそうは、金剛杖を装備した
ばんそうは、すばやさが1増えた

そして始めは700段を登る予定はなかったんだけど、もうちょっと行こう、もうちょっと行こうと、
結局最後まで登ったー。
lk201311260000035c4.jpg
あれ、リフレッシュ日のはずが。。。

降りてからお茶菓子を頬張って、日が暮れた。
まだ、うどんを食べるぞと、夕方までやってるさぬきうどん屋に行って、また食べる
絶妙は歯応えとつゆがイイね


で、同居人は高松のビジホに泊まるので高松へ。

せっかく都会にでたので、靴も買えようと思ってた。
ABCマートに行ったら、値段も高くなく幅広な靴があったので、靴も買いました。
201311252359325b7.jpg

あれ、今履いてるのと見た目はあまり変わらないが、幅広タイプなんです。
4000円と思ったより安く買えて良かった。
今までの靴は、サイズはピッタリすぎて、小指にマメができたとき、マメが当たって痛くなるんだけど、これなか緩和できるかもしれない。
今まで使ってた靴は、明日家に発送しよう。

そしてスーパー行ったりして、同居人をビジホに送って21時。

高松から高速で高知に戻る。。
20131125235924442.jpg
高知IC手前の南国パーキングまで戻ってきた。
20131125235931d19.jpg

今日はここで車内泊して、明日の朝イチでレンタカーを返して、お遍路再開します。
レンタカーは一日で500km走って、宿泊にも使って大活躍。

それにしても、今日は雨も風も強くて、いつも通りの野宿遍路してたら、どうなっていたことやら。。。
渦潮は見れなかったけど、これはこれで雨を回避できてツイていたのかもしれない。


Posted at 23:59 | 遍路高知 | COM(4) | TB(0) |
2013.11.24

十七日目 三十七番へ1

十七日目
三十七番へ1
歩行:約17km
歩数:36770
出発地:須崎の遍路小屋
宿泊地:高知駅のビジホ
体調:マメ:左足親指、小指のマメにまた水がたまって痛い
右足、親指、親指着け根、小指
マメの水は抜いたけど、相変わらず痛い
両足のカカトも痛い


遍路小屋は、道路の目の前で交通量が少ないものの、田舎道の割りにはぶっ飛ばす車が多いのか、
バビューンと、車に襲われそうな感じだった。。。
あっ、テントのフライシートは夜露で濡れている。
20131124224136434.jpg

台からテントがはみ出てたから、下からフライシートの間に冷気が入りやすくなって濡れたのかな。
荷造りして、フライシートを拭いて、明るくなるころに出発。

おっ、あのセメント工場はまるで独立峰のように目立つね
他に高いものがないところに、デカイ工場も珍しいかも。
201311242241392ee.jpg


二キロ先の東屋はこんな感じだった。
こっちのが環境的に落ち着けたな。
20131124224138a8f.jpg

そして、須崎の道の駅に寄りつつ、進む。

そして道はお遍路峠道になる。
大したことないと思ってたら、これが結構苦戦。
20131124224141026.jpg

足のマメも今日は痛くて、ガレ場だとマメにヒットして痛みが悪化。。。ヒーっ。
誰だよ、遍路道をガレ場の峠道にしてるのは。車道はトンネルが開通してるってのに。。。
やっべー、今日は10kmも歩いてないのに、もう足の痛さがピーク。
少し休憩してもさ、なんかマメって歩き始めが一番痛くて、休みたくもなくなる。

峠道をヒーヒー乗り越えて、土佐久礼の駅まで到着。
201311242241423b7.jpg


さて、実は昨日から同居人は四国の観光に来ていて、
今日は高知で合流して、明日一日一緒に観光する計画なんで、
お遍路は今日の昼から一時中断して、リフレッシュ休暇します。
出来るだけマメを直したいが。。。

そんなわで、今日は電車で高知駅に戻ります。
電車は一時間に一両、高知駅まで一時間半の道のり
ガタンゴトン
20131124224552c81.jpg


高知駅に到着
2013112422455375d.jpg


で、ビジホにチェックイン。
ひさびさに文明の利器の部屋で寝ます。
20131124224555892.jpg

同居人と合流。
まずは、近くのコインランドリーで洗濯。
洗濯中にマメの対処について、調べてると、マメの穴を開けなくても薬を塗って水を抜く薬があるらしい。
その名は、たこの吸出し!
なんか怪しげな名前だけど、古くからある薬のようだ。
これはと思って、ドラッグストアを探していったが、扱ってなかった。。。
やはりマニアックな商品なのか?

うーむ、と小さい薬局があったので、もしかしてないかなと聞いてみたら、ありました!
20131124224557eee.jpg

小さい薬局は、こういう品揃えの違いがあるんだなと、初めて感じた。

今夜さっそく塗ってみよっと。

そして夕飯はヒロメ市場へ行った。
カツオをいっぱい食べたー。
20131124224556964.jpg

明日はレンタカーで観光して、休養します。

Posted at 22:49 | 遍路高知 | COM(4) | TB(0) |
2013.11.23

十六日目 三十六番

十六日目
三十六番
歩行:約26km
歩数:40635
出発地:塚地トンネル手前の東屋
宿泊地:須崎の遍路小屋
体調:マメ:左足親指、小指のマメにまた水がたまって痛い
右足、親指、親指着け根、小指
マメの水は抜いたけど、相変わらず痛い
両足のカカトも痛い

東屋の場所は山のトンネル手前の小さなパーキングなんだが、その割りに車の出入りがそこそこあるところだった。
20131123193719f2b.jpg

今日も荷造りして出発。
まずは峠越えの遍路道。
20131123193751156.jpg
ふむ、今日にも感謝するのか。感謝感謝。

峠を越えると、地震の碑があった
そっか、四国でも津波があったんだ。
100年前のことを後世に伝えるのは難しい。

コンビニによって、買い出し。恐らく今日は最初で最後のコンビニなので昼と夜と朝の分も買わなければならない。

橋を渡ってると、向こうからも人が、あっ、昨日の落語家の兄さんではないか。
36番の次のルートはスカイライン越えか川沿いかになるんだけど、川沿いなら元来た道を少し戻るので、
偶然すれ違いになったようだ。お気をつけてー。
20131123193753458.jpg

そして、海沿いを歩いていると、見たことあるカートを押してる人が向かいから来る。
あっ、たしか歩きブログの方だ!
聞いてみると、その通りでした。
何年もカートを押して歩き旅をしている夫婦です
それぞれブログ絶賛更新中です
[歩き人] ふみさん
[ただ歩いてゆく旅] あゆみさん
ぼくも元日本一周ブログ人としては、日本一周ランキングをたまに見てて、ブログを見てました。
いやー、歩き旅のスペシャリストの方に会えて感激でした。
20131123193637941.jpg
(顔だしokはもらってましたが、当ブログの趣旨でモザイク処理にしてます)
ぼくの四十日のお遍路なんて目じゃないなー。

おっ、温泉があったんで三日ぶりには入っておくかと。
20131123193740214.jpg
。。。これは本物だった。

まだ、日帰り入浴時間前だったので、ロビーで待ってたら、お茶とお菓子の接待を頂きましたー。

やっぱひさびさの温泉は気持ちいい。

そしてすぐに三十六番 青龍寺

ここから横浪スカイライン沿いの道か、少し戻って川沿いの道を行くかルートが別れる。
スカイライン沿いのが少し近いらしいのでスカイライン沿いにした。
20131123194641e2e.jpg

今日は天気がいいので、絶好のツーリング日和だなー。
2013112319463838b.jpg

ぼくも自分のマシンで疾走したい。

しばらく歩いてパーキングに着いた。
おばあちゃんにイカ焼きを頼んだら、食べるときトンビに注意しなとな。
うわっ、ほんとトンビが集まってきたと急いで食べてたら、トンビの餌やりのお爺さんが来たようだ
20131123194636fec.jpg

餌を投げたら、トンビ空中でナイスキャッチ。
いいもの見れた。

そのあともずっとスカイライン沿い。
おっ、こんなバイクもスカイラインの走りにきてたよ。
201311231945553ab.jpg


二時間もスカイラインを歩いてると、流石に変化がなく飽きてくる。
しかも、最後は下りがずっと続くから、足に負担が。。。
左足小指のマメがけっこう痛くなってきた。
(後で見たら、水を抜いた皮にまた水がたまってきてた。。。)
左足だけサンダル歩きで、マメの痛さは和らぐが、長い下りで足の裏も痛い。。。

うむ、痛い。。。残り一時間の歩きは辛かった。
で、なんとか目的地の遍路小屋に到着。
む、思ったよりも民家の真ん前だね。
トイレは民家の敷地の中で気を使うし。。。
この先にも東屋はあるらしいが、駅近くになるから、もっと住宅地かもしれないしな。。。
ここにしよう。
20131123194508ab1.jpg
暗くなってからテント張ったら、小屋の台からテントがはみ出した。。。
今さら移動できないし、我慢するか。。。

今日はラーメンとパンの夕飯。
朝はまた冷えるかな。

小指のマメにまた水が溜まり出して痛かったから、自分で抜いてみようと裁縫用の針を何度もプスプスと刺したが、
水が抜けない。
そういや、病院だと中空の針で抜いてたな。
裁縫用の細い針では無理なのか。それとも深さが甘いのか。
大きくなる前に水は抜いておきたいな。


Posted at 19:48 | 遍路高知 | COM(8) | TB(0) |
2013.11.22

十五日目 三十三番から三十五番

十五日目
三十三番から三十五番
歩行:約26km
歩数:45788
出発地:種崎千松公園キャンプ場
宿泊地:塚時トンネル手前の東屋
体調:マメ:左足親指、小指
右足、親指、親指着け根、小指
マメの水は抜いたけど、相変わらず痛い
両足のカカトも痛い

キャンプ場のテントは夜露に当たってなくて良かった。
日の出とともの、コーヒーとパン食べて、支度を済ます。
20131122184540cc0.jpg

七時半に出発。
ウルトラお爺さんとは、また会うかなと思ったけど、この先会わなかった。

桂浜と結ぶ浦戸大橋は朝から通勤渋滞。
20131122184603089.jpg
通勤かー。ぼくにもそんな時代がありました。。。

ちなみに、桂浜には足の余裕はないので寄りません。行ったことあるし。

郵便局が開くのをちょっと待って、二度目の不要荷物を発送。
少しでも軽くしたいが、なんだかんだ荷物は増えている。
とくに、まだサンダルをザックにくくりつけている。

三十三番 雪渓寺。
なんで雪山でもないのに雪渓という名前か不明。

出ようとしたときに、車遍路さんからパンの接待を頂きましたー。
20131122184605023.jpg
朝昼飯に食べよう。ありがとうございます。


おっ、ここの無人販売所は、みかんが一個十円で売っている。
201311221845548fe.jpg
一個買わせて頂きました。
五個一袋百円ならよく売ってるんだけど、多くて買えない。
一個百円でも買うんだけどな。

三十四番種田寺
もらったパンとみかんを食べる。

田舎道を進んでいると、車が止まった。
和服のおじいさんは、お遍路お疲れさまと100円接待頂きましたー。
20131122184549364.jpg
お寺関係の方なのかな。
この百円は、後のダイソーで使わせて頂きました。

さて、たまにはスーパーではなくお店の飯でも食べたいな。
遍路道ではなくて大通りを歩いてたら、大きいうどん屋があった。
関東で言えば、丸亀製麺みたいなとこだな。
うどんは、最近腹一杯食べてないから、大でも余裕で食べれる。


おっ、ダイソーもあったので寄り道。
下着を入れてる圧縮袋が昨日破れちゃったんで新調。
そして小さい靴べらも購入。
マメの蒸れを防ぐために、しょっちゅう靴を脱いだり履いたりするんだけど、
その度のカカトが痛いし、指の皮も痛くて、意外に靴べらが必要。

田んぼ道は、猫の住みかのようだ。にゃにゃにゃ。
20131122185233a82.jpg

三十五番 清龍寺は、最後だけ山の登り。
途中道を間違えて、山の墓場に突き当たって焦った。

山門を抜けてからの階段は勘弁頂きたいもんだ。
着いたと思ったら、まだ登りー。
2013112218530678c.jpg

山を降りて歩いていたら、ありがとうおばちゃんに会った。
歩いてるとき、ありがとうと唱えると、言霊となって良いことになると。
あんたは偉い。すごいことやってるよ!と、すごい励ましてくれる。
いやー、歩き遍路野宿erなんてたくさんいますから。
20131122185302148.jpg

そういえば、そもそもぼくがお遍路したきっかけは、
バイクで日本一周するときに、ファンだった須藤元気選手のお遍路本を読んで、
日本一周ついでに、お遍路もしてみっかー。というノリだった。
その須藤元気選手もお遍路中はありがとうと唱えながら、お遍路をしていたようなんだが、
おばちゃんとなぜ共通してるんだろう。

両親ありがとう
兄弟ありがとう
同居人ありがとう
友達ありがとう
ブログ読者ありがとう
お遍路で知り合った方ありがとう

たまにありがとうと念じています

さー、そろそろ日が暮れるぞ。
目星の寝床へ向かっていると、歩き遍路さんが追い付いてきて、歩きながら話した。
なんでも、落語家を目指している若者で、いろいろあって遍路をすることになった変わった経緯のようだ。
野宿装備ではないけど、一日40kmほど歩くこともあるとか。
すげー、健脚の人は違うなー。
今日もこれから10km先の民宿まで向かうとか。それは到着が真っ暗の19時頃になっちゃうじゃん。
それぐらいのペースの人が40日未満で抜けれるんだなー。

そして、ぼくの寝床の東屋に着いたので、落語家兄さんとはお別れ。
20131122185308d83.jpg

ここは塚時トンネル手前の小さいパーキングにある東屋。
東屋はデカイ。テント四張りできるな。
そして小さいパーキングなのに庭園みたいでキレイなとこだ。
車通りはけっこう多いけど、テントにはなかなかいいところだね。
20131122185125ecf.jpg
スーパーで買ってきた飯を食べて、テント張って、後は寝るだけだ。

Posted at 18:57 | 遍路高知 | COM(2) | TB(0) |
2013.11.21

十四日目 三十番から三十二番

十四日目
三十番から三十二番
歩行:約20km
歩数:39747
出発地:蒲原の善根宿
宿泊地:種崎千松公園キャンプ場
体調:マメ:左足親指、小指
右足、親指、親指着け根、小指
マメの水は抜いたけど、相変わらず痛い
両足のカカトも痛くなった

今日は部屋で安眠だったので、日が出るまで寝ちゃったぞ
朝飯食べて、荷造りして、お礼ノートを記入。
ウルトラお爺さんは、一足先に出発。
達者で
20131121184259001.jpg

10分ぐらいあとにぼくも出発。
一晩お世話になりました。


三十番 善楽寺は2km先ですぐに到着
201311211843099d3.jpg
ここの一休さんはヤンチャな感じ


で、昨日風呂に入ったけど、そろそろ洗濯もしたい。
洗濯は一週間していなく、三着の下着は三順目に突入。。。
テントで着替えるとき、臭いのなんのって。。。
今日は高知市内を抜けるので、コインランドリーを探さねば。
遍路道は、けっこう裏通りとかが多いので、大通りで歩いていくがなかなか無い。
路面電車の市街に来た。
20131121184313435.jpg

なかなか無いんで、クリーニング屋に聞いてみたら、あっちのほうにあるといことで、やっと見つけた。
2013112118430630c.jpg
西高須駅の近くにありました。
近くに大きいスーパーもあるので、昼飯買って、トイレで着替えて、洗濯中に飯を食べた。
キレイなお遍路に戻りました。

そして31番 竹林寺は、隣が植物園だからか、かなり手入れされた感じで、一番キレイな庭園のお寺でした
20131121184939b1b.jpg

ちょうど結婚式の撮影もしてて、納得。
20131121184316051.jpg

意外に山だったんで、洗濯したばっかなのに汗かいた。

それにしてもお遍路してから天気にだけは恵まれている。
ここ数日強かった風も今日は穏やかになって、暑いぐらいだ。
20131121184945200.jpg

車が止まって話しかけてきた。お接待!と思ったら、三十二番にはどう行くんですか?
って、歩きと車は道が違うことが多いので歩きの人の聞かれても。。。
まあ、地図は見てたので、車だとあっちから回っていくんじゃないですかねー。と答えておいた。

三十二番 禅師峰寺は、海の眺めが絶景だった
あっ、ウルトラお爺さんとも再会。またあとで。

高知に来たら、鰹は食べたいよねと、遍路道のある鰹船という店に期待していったら、飯屋は15時に着いたころには終了していた。。。
しょうがないと、遠回りだけど、スーパーで鰹をゲット。

そして本日は野宿ではなくキャンプ場。
種崎千松公園の無料キャンプ場にテントを張る。
恐らくお遍路中で最初で最後のキャンプ。
キャンプ場だから堂々とテント張れます。
20131121184942705.jpg

ウルトラお爺さんも結局同じキャンプ場に来ました。

そしてスーパーで買った飯で鰹の夕飯。
やっぱ本場の鰹はうまい。
201311211849420f8.jpg

ひさびさの屋根なしテントなんで夜露が心配だな。
ちなみに、野宿するときに屋根のある場所を探すかというと、夜露に当たらないからです
(当然、雨の心配な日は雨は避けたい)
夜露に当たると、
→テントがぐっしょり
→テントを濡れたたま間でしまう
→テントが臭くなる&他の荷物も濡れる
という、後に多大な影響があるので、屋根のある場所を求めてみんな野宿をしてるんです。

さ、今日もラジオ聞きながら寝るか。
Posted at 19:02 | 遍路高知 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。