--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.31

最後の更新

これで結願後のネタもおしまいなので、最後の更新です。
今日は大晦日でキリがいいしね。

結願後の足の具合ですが、マメはもうぜんぜん良くなったんだけど、意外に歩き始めに足の裏の痛みがなかなか取れない。
あれだ、硬い靴で一日中歩いて、足の裏が痛くなる感じのやつなんだけど、
お遍路終わって10日経っても、まだ歩き始めは足の裏が痛くてヨレヨレする。
やはり1200kmの歩行は、想像以上に足に負担が溜まってたんだな。
少しづつ回復はしているので、そのうち治るとは思う。

帰ってきてからは、退職後の手続きして、就活もちょっと始めて、ちょっと自転車で運動してって感じ。
あれもこれもやりたいことはたくさんだが、休みがたくさんだと、いつでもできると思って計画を立てないから、
いつまで経っても、進まないな。
来年は、再就職までにやりたいことをやっておかねば。


お遍路をやったことで、まあそんな人間変わるもんではないが、少なくともこれは一生の経験になって、一生の思い出になって、一生の自信になる。
この40日は、毎日仕事していたら一瞬の時間だけど、とても濃い時間を過ごすことができた。
やったって良い人生になるわけではないけど、人生は冒険と思ってるので、いろいろ挑戦してみはどうかとぼくは思います。

それでは、みなさんも良いお遍路を!
2013120221090949a.jpg

スポンサーサイト
Posted at 15:48 | 結願後 | COM(8) | TB(0) |
2013.12.31

ザックの技

道中のザックの技

登山用のザックを担いでいるなら、ザックにいろいろ括り付けると便利です
ぼくはこんな感じでいろいろ括り付けてました。

上部:iPhone用のアームバンドに、iPhoneサイズのソーラー充電器を入れて、上部につけて充電。
後部:カナビラとか取り外し可能なタイタップとかグローブホルダーで、サンダル、夜露拭き用手ぬぐい、風呂で触れたタオル、ゴミ袋とかを下げてました。また、自転車用の反射裾テープで少しでも夜間目立つようにした。
左横:ロゴスの水入れをカナビラで掛けて、ザックのバンドで共締めしてた。
右横:ザックのポケットは、ゴミ袋を入れていた。ペットボトルホルダーをつけて、お茶を入れていた。
R0016980.jpg
R0016979.jpg

ちなみに、これは40Lザックです。
雨の日は、雨がやんだら、濡れたものを引っ掛けまくってた。
Posted at 15:13 | 結願後 | COM(0) | TB(0) |
2013.12.29

犬猫画像

道中の犬猫画像

門番猫だにゃ
R0015836.jpg

一家の住みかだにゃ
R0016205.jpg

日差しは気持ちいい
R0016231.jpg

こっちくんな
R0016216.jpg

こっち見んな
R0016285.jpg

こんにちにゃ
R0016475.jpg

夕日が眩しいにゃ
R0016449.jpg

集会中にゃ
R0016477.jpg

掃除中にゃ
R0016480.jpg

どうもどうも
R0016514.jpg

エサタイムにゃー
R0016518.jpg

先着一名
R0016522.jpg

なんか用かにゃ
R0016713.jpg

うー
R0016592.jpg

三つ巴の戦い
R0016750.jpg

前異常なーし、後ろ異常なーし!
R0016873.jpg

黄昏中
R0016954.jpg

ほっといてにゃ
R0017108.jpg

かまってワン
R0017194.jpg

ヒマだな・・・
ああ、ヒマだな・・・
R0017313.jpg

木の葉隠れの術
R0017791.jpg

こっからテリトリーだかんな
R0017799.jpg

米がない
R0017875.jpg

人見知りなんだワン
R0018017.jpg

Posted at 18:32 | 結願後 | COM(0) | TB(0) |
2013.12.28

ネタ系画像

公開していない道中のネタ系の写真

かわいい絵じゃないかと和んだら、中学生作だった・・・
R0016565.jpg

足湯の無料タオル。おっと、このホッカイロも無料のようだ。
R0016520.jpg

昔ながらの自販。たしかに、電池って消費期限ないし、いざ切れたら欲しいときはあるが、コンビニない時代は商機だったのかも。
R0016144.jpg

なぜか道端の一斤のパンが落ちてたんだよ
R0016027.jpg

こんなところに車がたくさん停まっているだけで、何か変な雰囲気になるもんだ
R0015938.jpg

池に浮かぶ小さな東屋。中に何かが動いてて居るようなんだけど、何かわからなかった。何なんだ?
R0017160.jpg

これはストレートすぎw
R0017156.jpg

この手のやつは動物系はよくあるけど、人間もあったとは。どういうセンスで選んでるんだか・・・?
R0016947.jpg

関東ではカットバンって言わないんですよね。病院でカットバン張っとくようにと言われて、絆創膏のことか確認してしまった。
R0017096.jpg

いったいここは王がどうなってるんだ?居ないから、迎えるってことか?
R0016772.jpg

歩きなら45日、自転車なら20日のようです。
RIMG0033.jpg

廃電車をそのまま利用するのはあるけど、建物を電車っぽくするのはありそうでない!
R0017378.jpg

Posted at 22:50 | 結願後 | COM(0) | TB(0) |
2013.12.26

道中の気になった車バイク

お遍路中に気になった車、バイクの紹介です。
(元ミニ乗り、現ジムニー、バイク乗り、小さい車好き目線です)

街乗りのこれはすごい・・・
キャンバー地形が怖い・・・
R0015821.jpg

ハスラーを先取りしたジムニー
次期ジムニーも来れていいじゃん
R0015860.jpg

この海岸には独自の荷台をカスタムしたジムニーがたくさんあった
R0016343.jpg


緑はオフロードっぽくていいよね
R0016396.jpg

いいね、ワークス
リボンのステッカーがついているが女の子が乗ってるのかな
女の子が乗ってたら惚れる
R0016489.jpg

郵便カブがクロスカブ?
と思ったら、スーパーカブをダウンライトにした仕様なんだ
R0016050.jpg

贅沢なドンガラ達
R0016945.jpg

いいね、気軽に乗れて便利そう
しかし、停める場所に悩むね
R0017059.jpg

SRのサイドカー
似合うね
R0017141.jpg

ツインのカスタムは珍しい
ツインのでかい樹脂バンパーは、変えてと言わんばかりだからな
というか、ツインを作るならカプチーノでよかったんじゃ・・・
R0017496.jpg

Posted at 21:05 | 結願後 | COM(2) | TB(0) |
2013.12.24

お遍路のマメ考

お遍路はマメとの戦いでもあった。
マメがなければどれだけ楽だったか。
後半は、だいぶマメを安定させることが出来て、だいぶマシにはなってたが、前半はマメがきつかった。

さて、歩き遍路する上でマメに悩む人がほとんどだが、どうしていくのがベストか?
マメのケアについては、ネットでも人それぞれの意見が飛び交っていて、何がいいのかわからない。
今回お遍路した中で、マメに対して、どうするのがいいか、自分として考えました。
※あくまで素人が考えた意見です

・マメができる理由
一般的にマメは蒸れていると出来やすい、靴がキツイと出来やすいらしい。
それよりもぼくが思ったのは、歩くときに衝撃が加わりやすいところや靴内で当たるところに出来ていると感じました。
とくにカカトにマメができたとき、カカトから着地しないような歩き方に変更したら、カカトのマメができなくなってきたような気がする。
とりあえず、幅広な靴をオススメします。

・マメの痛みってどんな?
ぼくもマメで困ったことは無かったので、どんなもんかなと思ってた。
マメは、皮膚の中に水泡ができる状態で、簡単に言うと水泡の部分の皮膚が剥がれたみたいなもんです。
なので、痛みの想像としては、皮が剥がれた状態で歩いているみたいなもんで、
皮が剥がれているということは、その部分が当たると、ヒリヒリとかチクチクします。
たとえると、一歩ごとに針が刺さるみたいな、そんな痛み。ヒィー。
出来る場所によるけど、とくに皮膚の柔らかいところにできると地獄。
ぼくは、指の間に出来たときが、一番痛かった・・・
ちなみに、マメは歩き始めはすごい痛いんだけど、しばらく歩いていると痛みを感じなくなってくる場合が多い。
これは人間の防衛本能で、痛みを麻痺させてるのかな・・・?
ただ、また休んだ後歩き始めるとまた痛くて・・・しばらく歩くと痛みが引いての繰り返し・・・

・マメが出来ないようにするにはどうすればいいか?
こればっかりは解決できなかった。せいぜい幅広な靴に買い換えるぐらいか。
途中でお遍路さんに聞いた対策としては、次のこと
 ・休む毎に靴下を脱いで、蒸れを防ぐ
 ・サンダルで歩く:サンダルだと通気性がいいからマメが出来ないらしい。またマメが出来てからもサンダルで歩くことで治りが早くなるとか。実際サンダルで歩いたが、靴よりも幅に余裕があるサンダルだったので、マメが始めは痛くなかった。しかし、所詮サンダルなので、普通に足が痛くなってきて、ずっと履いて歩けるものではなかった。
 ・靴紐の下二段ぐらいを結ばないで三段ぐらいから結ぶ:これは靴がきつめな場合最大限に幅を広くする対策。いちおうこれはやってました。
R0016739.jpg
 ・歩き方を変える:これは自分で思っていたのだが、一辺倒の歩き方だと足の負担も同じ箇所になるので、負担が大きくなる。なので、歩き方を、フラットで着地する、カカトで着地するとか、たまには早歩きするとか、何か歩き方を変えて負担を分散させるといいかもと思った。

・マメが出来たらどうするか?
これはネットでもいろいろな意見がある
1:放置して自然完治を待つ
メリット:穴とか空けるよりも、化膿する恐れはない
デメリット:歩き続けると、肥大化する。治りが遅い。

2:針で水抜きする
メリット:水を抜いた分、接触する面積は減るので痛さは多少楽になる
デメリット:ばい菌が入った場合、化膿する恐れが多少ある

3:皮を切る
メリット:余分な皮も無いので、治りが早い
デメリット:処置後、キチンと清潔にしないと化膿する恐れがある。

じゃあ、お遍路のときはどれがいいか?
お遍路中は絶えず歩き続けます。そのため放置していたら、治るどころかどんどん肥大化します。
始めは米粒やBB玉程度のマメが、パチンコ玉ぐらいの大きさになり、さらには奇形型になってきます。
肥大化は留まることを知らず、ぼくの場合は、小指にできたマメは一週間後には、小指全部マメになりました・・・
こうなると、どう歩いても痛いのなんのって・・・
なので、歩き続ける場合、放置するのは無理だと思いました。
じゃあ、水抜きしようということで、2か3の方法になるんですが、3の方法の場合、これまた歩き続けてるうちに
清潔さをキープするのは難しい。
歩いていると、絆創膏とかも剥がれてくるし、靴下も擦れて、靴下の屑で足はすごく汚くなります。
(これは安物の靴下だったからか?)
なので、3は化膿の恐れが大なので難しいと思う。
結果として2の針で水を抜くのがベストだと思う。それもできるだけマメが大きくなる前に水を抜くのが良い。
大きくなってから水を抜いても、マメの部分が当たると痛いので、当たる面積を小さくする上でも、マメが小さいに越したことはない。
水を抜いても、また次の日水が溜まってたりするが、根気よく何度も抜きます。
すると皮は硬くなってきて、水も溜まらなくなってきて、いずれマメの痛みもなくなって頑丈な足になります。

結論としては、お遍路でマメができたら、そのつど針で水を抜くのがいいと思います。
マメが出来るのを防ぐのはかなり難しいので、マメを潰しながら歩くと、いずれマメに悩まない足になると思います。

親指付け根の側面と踏み足に出来た画像
R0016082.jpg
小指のマメが奇形になってきた画像
R0016081.jpg
小指全部がマメになってから水抜きした画像。皮が・・・
R0016577.jpg


・マメの水抜きの方法
※あくまで自分がやっていた方法です
用意するもの
裁縫用の針

ガーゼ
消毒液
絆創膏
テープ
はさみ
R0017529.jpg
携帯用のソーイングセット+ガーゼ、消毒液、絆創膏、テープを買っとけばいいと思う。

1.糸を5cmぐらいに切る
2.ガーゼに消毒液を含ませて、患部のマメを消毒する
3.同じく消毒液のガーゼで、針と糸を拭いて消毒する
4.針に糸を通す
5.針でマメを貫通させて、糸を通して、マメに糸だけ残った状態にする
6.針を通したら、水がでるのでふき取っておく。(マメが硬くなっている場合、水がすぐにでない場合もある)
7・糸は残したままで、マメにガーゼを当ててテープで止めて、一晩放置する。
8.朝になったら、糸を手で抜いて絆創膏を張っておく。
  (糸を通しておくことで、マメの中の水が蒸発する方法らしい)


それでは、よい歩きを。
Posted at 18:14 | 結願後 | COM(2) | TB(0) |
2013.12.23

お遍路データのまとめ

月日 日数 歩行距離 通過札所 宿泊種別 風呂 洗濯 コメント
11月8日 1日目 20 KM 1-7 徳島 公園 あり なし 初日は順調なスタートを切った
11月9日 2日目 23 KM 8-11 徳島 休憩小屋 なし なし 遍路転がし焼山寺の途中まで順調に到着
11月10日 3日目 15 KM 12 徳島 公園 あり なし 温泉隣の野宿でここまでは楽勝ムードだった
11月11日 4日目 26 KM 13-17 徳島 公園 なし あり 野宿地は、人が多くて嫌だった
11月12日 5日目 25 KM 18-19 徳島 遍路小屋 なし なし ちょっとマメが痛くなってきた
11月13日 6日目 22 KM 21-22 徳島 公園 なし なし 山の下り地獄で足にかなり負担になった
11月14日 7日目 15 KM 23 徳島 道の駅 あり あり 足がだいぶ痛かったので、午後は休養した
11月15日 8日目 34 KM - 高知 遍路小屋 なし なし 初の30km越えは、さすがにきつかった
11月16日 9日目 26 KM - 高知 橋の下 なし なし 日に日にマメが痛くなってくる
11月17日 10日目 28 KM 24-26 高知 道の駅 なし なし 夜風が強くて、テントがぶっ飛ばれそうになった
11月18日 11日目 28 KM 27 高知 公園 なし なし マメを外科に診てもらったが、何もしてくれなかった
11月19日 12日目 23 KM - 高知 施設軒下 なし なし マメを整形外科に診てもらって、水を抜いてくれた
11月20日 13日目 27 KM 28-29 高知 善根宿 あり なし 野宿リストを手に入れて、野宿地探しが楽になった
11月21日 14日目 20 KM 30-32 高知 公園 なし あり マメの水を抜いたけど、相変わらず痛い
11月22日 15日目 26 KM 33-35 高知 公園 なし なし マメとの戦いは続く
11月23日 16日目 26 KM 36 高知 遍路小屋 あり なし 有名一周人に会った
11月24日 17日目 17 KM - 高知 ビジホ あり あり 同居人と合流してビジホ泊
11月25日 18日目 0 KM - 高知 車中泊 なし なし レンタカー借りてリフレッシュ日。靴と金剛杖を買った。
11月26日 19日目 25 KM 37 高知 公園 なし なし 休養と靴を変えた効果は絶大でマメの痛みはなくなった
11月27日 20日目 30 KM - 高知 公園 なし なし 新しいマメができてきたので、自分で水を抜くようにした
11月28日 21日目 32 KM - 高知 公園 あり なし 海岸の夜は怖かった
11月29日 22日目 28 KM 38 高知 公園 なし なし マメはだいぶ安定してきた。足がけっこう疲れているのに気付いた。
11月30日 23日目 30 KM - 高知 公園 なし なし 廃墟に寄った
12月1日 24日目 26 KM 39 高知 公園 あり あり 高知は広かった
12月2日 25日目 36 KM 40 愛媛 施設軒下 なし なし 初めて野宿地でお遍路さんとバッティングした
12月3日 26日目 22 KM 41 愛媛 道の駅 なし なし 昨日のオーバーワークが祟って、短めにした
12月4日 27日目 27 KM 42-43 愛媛 公園 なし なし たこ焼きうどんを食べた
12月5日 28日目 31 KM - 愛媛 遍路小屋 あり あり 順調に30km歩けた
12月6日 29日目 30 KM 44-45 愛媛 公園 なし なし 峠越えで30kmを順調に歩けた
12月7日 30日目 25 KM 46-47 愛媛 通夜堂 なし なし 初めて通夜堂に泊まった
12月8日 31日目 27 KM 48-53 愛媛 公園 あり なし 道後温泉に寄った
12月9日 32日目 25 KM - 愛媛 公園 なし なし 初の一日雨の日
12月10日 33日目 28 KM 54-59 愛媛 道の駅 なし あり 新たなマメが出来てけっこう痛くなる
12月11日 34日目 28 KM 60 愛媛 公園 なし なし またマメで悩むとは・・・
12月12日 35日目 28 KM 61-64 愛媛 公園 あり なし マメは日に日によくなってきた
12月13日 36日目 22 KM 65 愛媛 公園 なし なし 雨の日の歩行は疲れた
12月14日 37日目 23 KM 66 香川 通夜堂 なし なし 標高900mの宿泊
12月15日 38日目 28 KM 67-70 香川 休憩小屋 あり なし いい休憩小屋があって急遽宿泊させてもらった
12月16日 39日目 28 KM 71-78 香川 公園 なし あり 香川市内はどんどん進む
12月17日 40日目 30 KM 79-82 香川 橋の下 なし なし 自衛隊の敷地に迷い込む
12月18日 41日目 30 KM 83-86 香川 お堂 なし なし 丸一日雨がきつかった
12月19日 42日目 20 KM 87-88 香川 - あり なし 最後の女体山越えはきつかった

県の所要日
徳島 7
高知 17
愛媛 12
香川 6
→やっぱり高知は長い。愛媛も意外と長い
平均歩行距離
25 KM
→40日で終わらせるなら、平均27kmぐらいで行けばいいのかな。
宿泊区分の区分け
公園 21
遍路小屋 4
休憩小屋 2
通夜堂 2
道の駅 4
ビジホ 1
車中泊 1
橋の下 2
善根宿 1
お堂 1
施設軒下 2
→東屋だけの宿泊地も公園に含めているので、ほとんど公園になっています。  初日以外は、屋根があるところが確保できました。  後半は野宿リストがあったので、野宿地探しがだいぶ楽でした。  高知でリフレッシュしたときにビジホと車中泊以外は、すべて無料のところで野宿していました。
お金
全部で15万ぐらい
飯が7割
風呂、洗濯:10000円ぐらい
薬関連(アミノバイタル、絆創膏等のマメケア):8000円ぐらい
バス往復(新宿-徳島片道8000円):16000円
ウエア(靴下、靴、お遍路用品):10000円ぐらい
遊び(レンタカー):5000円
お土産代:10000円
→一番お金がかかる宿泊代がないので、これぐらいです。  飯代はほとんどがスーパーだけど、たまに外食。一日平均2000円ぐらいかな。 朝はパン一個、間食にパンとか行動食、昼飯に外食1000円。夜はスーパーで500円とか。  予想外にマメのケア用品と靴を買い換えたりしたのが、出費でした  野宿だと、風呂、洗濯代が思ったよりかかりますね。
Posted at 12:17 | 結願後 | COM(2) | TB(0) |
2013.12.20

四十三日目 帰宅

四十三日目 帰宅

夜行バスで出発を待ってたら、乗ってきたおばちゃんのチケットがなんと12/19のところが、11/19で間違えて取ったチケットをもってきたトラブルが発生していた・・・
インターネット予約らしいので、おばちゃんが間違えたようだ・・・
幸い席に空きはあったので、別金払って乗ることはできたが、恐ろしい・・・

バスは独立3列シートなんだけど、やはりガタガタ動くので寝にくい・・・
帰りはあまり寝れなかったな・・・
R0018171.jpg

新宿に到着して、一本で行ける家から一番近い駅で下車。
R0018174.jpg

乗り換えたらもっと家の近くまで行けるけど、朝のラッシュ時に大きい荷物もって乗り換えは面倒なので、
一本で行けるところで降りた。
ここから家まで4kmぐらいあり、普段は歩くような距離ではないが、今では4kmなんて楽勝な距離だw
最後の歩きをかみ締めながら家に帰るか。
R0018179.jpg

長かった長かった、歩き旅。
歩けど歩けど遠いゴールをやっと迎えた。
何事も一歩ずつ進めば、いつかゴールに辿りつくことを実感できた。

野宿旅を長くして、普通の生活のありがたさがよくわかった。
毎日、暖かい飯を食べて、暖かい風呂に入って、暖かい布団で寝る。普通のことが、とても幸せなことだったんだと気付く。
人より良い生活じゃなくていいじゃん、普通で十分幸せじゃん。

お遍路中は、いろんな人にお世話になりました。
お接待いただいた方。ブログで応援していただいた方。同居人。
すべてに感謝。
そしてやはり何よりも元気になったのが、やはり同じ境遇の歩き遍路の人と辛さを分かち合えたとき。
まあ、季節的にもあまりお遍路さんには会いませんでしたね。
みんな辛いけど、お遍路を続ける。遍路を続けた先に、みんな何を見るのか。
ぼくは開放感でしたwあとは、挑戦することに対する自信はつきます。


さー、次は何を目指そうか。
明らかに登山力はついたので、アルプスの上級者コースは行く自身がついた。
今まではテン泊装備で、足場の不安定なところは自信がなかったけど、もう行けるでしょう。
いつかはアルプス全山縦走なんて夢見るな。
自転車も今回ので筋肉ついて膝の調子が良くなっているなら、自転車峠旅なんてのもしたい。

しかし、それよりもまずは就活という大海原に大航海しなくてはならないのだった・・・


※これにてリアルタイム更新は終了します
 後はまとめとかをボチボチアップしてこうと思います。
Posted at 23:55 | 結願後 | COM(4) | TB(0) |
2013.12.19

四十二日目 八十七番から八十八番へ 結願

四十二日目
八十七番から八十八番へ 結願
歩行:約20km
歩数:40412歩
出発地:弁財天拝殿の小屋
宿泊地:夜行バス
体調:マメ:左足親指の着け根、カカト
右足、カカト、親指と人差し指の間
マメの痛みはだいぶなくなってきた


朝起きたら、雨の音がする。
天気予報では、今日は雨は降らないはずだったが。。。
朝の天気予報を見たら雨の予報に変わってる。。。
テントも雨なのに珍しく結露してるし。
201312192234098c6.jpg
今日は早く出ようと五時半に起きたが、結局出発は七時前になってしまった。

まずは7km先の八十七番へ。
雨は降ったりやんだり、傘を閉じたり開いたり。。。閉じない。。。
傘の骨の間接が外れて壊れた。。。
軽量折り畳み傘だから、耐久性がないのはしょうがない。。。
いちおう手動で折り畳めるけど、開いた形が変だな。
幸いこのあと雨はほとんど降らなく傘の出番はなかった。
ギリギリ最後まで傘がもってよかった。

八十七場 長尾寺に到着。
2013121922345220c.jpg
朝イチで納め札箱を漁ってる人がいて、嫌な感じだ。
というか、人の納め札を集めて何がいいのかわからない。
納め札なんて普通に売ってるじゃん。

さー、最後八十八番まで12kmだ。
雨はやんでるけど、午後から雨が降る予報なので気分が晴れないなー。

道の駅とお遍路交流館にきた。
ここはどっちも野宿スポット。
八十八番手前は、他にもいい野宿地が多い。
2013121922345188a.jpg

お遍路交流館に寄ったら、一足早くお遍路証明書をもらえた。
20131219223301f76.jpg
まあ、飾るようなとこはないけどね。

八十八番までのルートはいくつかあって、多和神社経由、女体山越えのルートにした。
20131219223523b24.jpg
始めは車道の急登。
頂上の1km手前からは登山道。
この登山道が険しかった。
急登なのは今までの遍路道でもあったレベルだけど、頂上直下は岩場じゃん。
2013121922425373e.jpg
こんな杖なんて突いてないで、三点保持で登るレベルで危ないじゃん!雨で濡れてるし。
本当にお太師様はこんな危ない道を昔登ったのか?
最後の最後で一番危険なルートでした。
仕舞いには鎖場みたくなるし。。。登りでよかったけど、下りは嫌だ。
20131219224248026.jpg

頂上からの下りは普通の道でよかった。
それでも急下りだが。

八十八番が見えた。もうちょっと。
201312192242437b7.jpg

そしてとうとう着いたー。
八十八番 大窪寺に来ました。
20131219224250bea.jpg

遂に結願。
20131219224827c4d.jpg
短かったようで長かった。
一ヶ月前のことが一年前のことのように思うほど、お遍路の前半のことが懐かしい。

達成感よりも苦行からの解放感のがうれしいw

さて、八十八番からは一番に戻る方法もあるけど、一日かかる距離で遠い。
実は15日付けで会社も退職扱いになったので、早く帰っていろいろ手続きしたいのもあって帰る。
なので若干不本意だが、バスで駅まで帰る。
ヒッチハイクしてみようかと思ったら、ちょうどバスが来る時間だったので、バスに乗った。
というか、やはりヒッチハイクするとうな度胸はない。
バスには他にお遍路さん二人いました。
20131219224742962.jpg

志度駅から徳島駅に戻った。
まだ17時まえで時間があるので、駅前ホテルの温泉に入る。
20131219224832121.jpg

またまた徳島在住のシンスケが来れるが、来るまで時間があったので、駅ナカの徳島ラーメンを食べた。
シンスケいわくダメな店のようだった。

シンスケと合流しておすすめのお好み焼き屋へ。
豆お好み焼きが名物らしいが、甘い豆でお好み焼きには合わない。
チーズお好み焼きは職人の味だった。
201312192247314be.jpg

腹いっぱいだが、さらにおいしい徳島ラーメンを食べようと麺王なる人気店へ。
たしかの、さっきの駅ナカの店よりも濃厚で味を主張してるね。
20131219224826a24.jpg

四国に来たときはいつもシンスケにお世話になってるので、お礼に余ってるミニクーパーのパーツを送ってあげるよ。

そして夜行バスの乗車。
さらば四国。
四十二日間お世話になりました。


*リアルタイム更新は明日まで続けて、そのあとはまとめとかをアップ予定です。

Posted at 22:51 | 遍路香川 | COM(9) | TB(0) |
2013.12.18

四十一日目八十三番から八十六番へ

四十一日目
八十三番から八十六番へ
歩行:約30km
歩数:57684歩
出発地:香東川の橋の下
宿泊地:弁財天拝殿の小屋
体調:マメ:左足親指の着け根、カカト
右足、カカト、親指と人差し指の間
マメの痛みはだいぶなくなってきた


橋の下は車の騒音がうるさいものの、人目は気にならないので快適だった。
20131218211103f8d.jpg

朝は天気予報通り雨がすで降っている。
荷造りして、雨装備して出発。
橋を出たら、ちょうど自転車に布団を載せた人が来て、橋の下に入っていった。
もしかして、ヌシでしたか。

川沿いに進んでいくと、他の橋の近くにトイレもあるじゃん。
こっちなら橋の下のグランドにも張れそうで、こっちのがよかったね。
20131218211146900.jpg

そして八十三番 一宮寺。
雨だと休める場所もないので、さっさと済ます。
あれ、本堂のとこにこの前もらったお地蔵さんと同じものがたくさん置いてある。
これは何か規格のものなのか?
201312182111263a1.jpg

ここからは高松の市内をいっきに抜けていく。
遍路道はメイン通りでない裏通りだけど、歩道があまりないけど車はビュンビュン走るので危ない。
メイン通りの歩道があるほうが安全なので、国道にでて歩いた。
おっ、このユメタウンは、リフレッシュ日にレンタカー借りたときに寄ったぞ。
このときは高松のアーケードのABCマートで靴を買ったんだ。
よし、雨だしアーケードに行こう。
2013121821114165d.jpg

アーケードに来た。
雨が避けれてうれしい。
重いザックを担ぎながら傘をさしてると、腕が痺れててきて辛いね。
だから、この前も雨の日は疲れたのかな。

うどん屋があったので、今日もうどんだ。
牛うどんが売りのようなので、牛うどん食べた。
20131218211135715.jpg
うどんを食べてたら、おじいちゃんがお遍路について話しかけてきた。
仕舞いに般若心経の説明まではじめて。。。ゆっくりうどんをたべさしてくれ。。。
うんうん、相づちしてたら、最後に600円接待頂きましたー。
あまり話をちゃんと聞けてなかったが、おじいちゃんも話して満足そうだったので、よかったよかった。

アーケードを抜けて、また雨に中へ。
しばらく歩いてうどん屋があったので、またうどん。
おばちゃんにカレーうどんを薦められたので、それじゃあカレーうどんを。
ちなみに、カレーは好物なので。
20131218211753f7f.jpg

3日連続でカレーうどん食べたけど、昨日のとこが一番おいしかったかな。

街中を雨のなかひたすら歩いて、12時頃にやっと屋島寺の山の麓に到着。
20131218211758d8c.jpg

海のまえにぽっかり立ってる山です。
結構急登。石畳か石階段の登山道。
登る前の東屋でウルトラライトダウンが脱いでいたけど、雨具装備だと蒸れて汗だく。
これはもう一枚脱いでおきたいが、雨の中脱げる場所がない。。。
くっそー、雨なんてきらいだー。
暑くて頭にきた。修行が足りないようだ。
八十四番屋島寺に到着。
20131218211800a91.jpg

やはり雨の中ゆっくりするとこはないので、さっさと済まして下山道へ。
この廃墟ホテルの軒先も野宿スポットらしい。
201312182118047e3.jpg

下山道は、山道。
木の階段とか岩とか根っことか雨の日はすべって危ない。
慎重に下山。

降りたところでスーパーで甘いもの食べて一休み。
次の八十五番もちょっと小山の上。
せっかく登って降りたのに、また登って降りる。
こっちは舗装路なので歩きやすいや、
また急登で汗だくになる。。。
八十五番 八栗寺に到着。
さっさと済ます。
201312182118048db.jpg

下山路も舗装路なので歩きやすい。
えっ、標識に傾斜が21%って書いてる。すごいな。。。
てか、傾斜って%って感覚がわからないよな。
たしかに、傾斜すごかったけど、思ったほどではなかった。

さて、もう25km歩いて、日が暮れてきて、足もガクガク疲れたぞー。
しかし、明日ゴールのために進まねば。ここら辺にいい野宿場所もないし。

道の駅源平の里むれで休憩。
20131218212320088.jpg
最悪ここで野宿かと考えていたが、ここは雨を避けてテント張れるまともなとこないね。
店の入り口かトイレぐらいだ。。。
野宿リストに無いわけだ。

ここで17時を回った。八十六番へはあと3kmほど。
念のため野宿候補地を探しながら進むが、雨の野宿地は住宅街ではまったくなさそうだ。

八十六番 志度寺に到着。
20131218212329f63.jpg
17時を過ぎていたけど、門は空いていたので、拝んで来た。
今日の目標は完了。

野宿地へ行く前にスーパーに買い出し。
スーパーの前にオサレラーメン屋があったので、野宿最後祝いにラーメンでも食べるか。
油ラーメンを食べた。
201312182123314de.jpg

スーパーで買い出しして、荷物を担いで、さあ野宿地に行こうとしたら、
なんと若い女性が車で送りましょうか?
と声をかけてくれるではないか!
反射的に、近くなんで大丈夫ですよと断ってしまった。
まあ、野宿地に送ってもらうのもな。。。と思ったが、もし断ってなければ、野宿は大変だから家に泊まってってくださいみたいな展開がwあったりなんだったりw
お遍路最大の失敗だなw
きっと雨の中で日も暮れて歩こうとしてたから、気を使ってくれたんですね。
ありがとうございます。

と言ったものの、実は野宿地は具体的な場所がわからない。
スーパーを曲がって、建設会社を曲がったら、神社かなにかがあり、東屋ではなく何かがあるらしい。
行く途中にたこ焼き屋があったので、これまた最後の野宿祝いにたこ焼き食べるかと、たこ焼きをテイクアウト。
進んでいくと、あー、あの建設会社か。
あ、道沿いに東屋もあるけど、ここは真ん中にテーブルがあるからテント張るには向かないな。
で、ちょっと進むと、森の中に階段があった。
ネット情報だとここを登るのか。
真っ暗な雨のなか、森の階段を登るとか肝試しかよっ。
20131218212253780.jpg

登ったら何かあるー!
20131218212309711.jpg

祠みたいなんだけど、祠の前が小部屋みたいになってて、雨風が防げる!しかも10畳ぐらいで広い。
ドアはないけど、これは雨でもバッチリな野宿場所だ。
こんな森の中、人も来ないだろうし、これは快適そう。
この広さなら、雨で濡れたものも干せるしね。
2013121821265431e.jpg

最後の野宿地は良い場所でした。

八十八番まであと20kmで射程圏内。
いよいよ明日結願の予定です。

Posted at 21:27 | 遍路香川 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。