--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.11.23

十六日目 三十六番

十六日目
三十六番
歩行:約26km
歩数:40635
出発地:塚地トンネル手前の東屋
宿泊地:須崎の遍路小屋
体調:マメ:左足親指、小指のマメにまた水がたまって痛い
右足、親指、親指着け根、小指
マメの水は抜いたけど、相変わらず痛い
両足のカカトも痛い

東屋の場所は山のトンネル手前の小さなパーキングなんだが、その割りに車の出入りがそこそこあるところだった。
20131123193719f2b.jpg

今日も荷造りして出発。
まずは峠越えの遍路道。
20131123193751156.jpg
ふむ、今日にも感謝するのか。感謝感謝。

峠を越えると、地震の碑があった
そっか、四国でも津波があったんだ。
100年前のことを後世に伝えるのは難しい。

コンビニによって、買い出し。恐らく今日は最初で最後のコンビニなので昼と夜と朝の分も買わなければならない。

橋を渡ってると、向こうからも人が、あっ、昨日の落語家の兄さんではないか。
36番の次のルートはスカイライン越えか川沿いかになるんだけど、川沿いなら元来た道を少し戻るので、
偶然すれ違いになったようだ。お気をつけてー。
20131123193753458.jpg

そして、海沿いを歩いていると、見たことあるカートを押してる人が向かいから来る。
あっ、たしか歩きブログの方だ!
聞いてみると、その通りでした。
何年もカートを押して歩き旅をしている夫婦です
それぞれブログ絶賛更新中です
[歩き人] ふみさん
[ただ歩いてゆく旅] あゆみさん
ぼくも元日本一周ブログ人としては、日本一周ランキングをたまに見てて、ブログを見てました。
いやー、歩き旅のスペシャリストの方に会えて感激でした。
20131123193637941.jpg
(顔だしokはもらってましたが、当ブログの趣旨でモザイク処理にしてます)
ぼくの四十日のお遍路なんて目じゃないなー。

おっ、温泉があったんで三日ぶりには入っておくかと。
20131123193740214.jpg
。。。これは本物だった。

まだ、日帰り入浴時間前だったので、ロビーで待ってたら、お茶とお菓子の接待を頂きましたー。

やっぱひさびさの温泉は気持ちいい。

そしてすぐに三十六番 青龍寺

ここから横浪スカイライン沿いの道か、少し戻って川沿いの道を行くかルートが別れる。
スカイライン沿いのが少し近いらしいのでスカイライン沿いにした。
20131123194641e2e.jpg

今日は天気がいいので、絶好のツーリング日和だなー。
2013112319463838b.jpg

ぼくも自分のマシンで疾走したい。

しばらく歩いてパーキングに着いた。
おばあちゃんにイカ焼きを頼んだら、食べるときトンビに注意しなとな。
うわっ、ほんとトンビが集まってきたと急いで食べてたら、トンビの餌やりのお爺さんが来たようだ
20131123194636fec.jpg

餌を投げたら、トンビ空中でナイスキャッチ。
いいもの見れた。

そのあともずっとスカイライン沿い。
おっ、こんなバイクもスカイラインの走りにきてたよ。
201311231945553ab.jpg


二時間もスカイラインを歩いてると、流石に変化がなく飽きてくる。
しかも、最後は下りがずっと続くから、足に負担が。。。
左足小指のマメがけっこう痛くなってきた。
(後で見たら、水を抜いた皮にまた水がたまってきてた。。。)
左足だけサンダル歩きで、マメの痛さは和らぐが、長い下りで足の裏も痛い。。。

うむ、痛い。。。残り一時間の歩きは辛かった。
で、なんとか目的地の遍路小屋に到着。
む、思ったよりも民家の真ん前だね。
トイレは民家の敷地の中で気を使うし。。。
この先にも東屋はあるらしいが、駅近くになるから、もっと住宅地かもしれないしな。。。
ここにしよう。
20131123194508ab1.jpg
暗くなってからテント張ったら、小屋の台からテントがはみ出した。。。
今さら移動できないし、我慢するか。。。

今日はラーメンとパンの夕飯。
朝はまた冷えるかな。

小指のマメにまた水が溜まり出して痛かったから、自分で抜いてみようと裁縫用の針を何度もプスプスと刺したが、
水が抜けない。
そういや、病院だと中空の針で抜いてたな。
裁縫用の細い針では無理なのか。それとも深さが甘いのか。
大きくなる前に水は抜いておきたいな。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://goonapilgrimage.blog.fc2.com/tb.php/26-f8275e8c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
真すぐさすというより、接線方向にさしてやるとよかった、おれの場合。あとかかとの分厚い皮だけど、はがしてしまったら直るまでずいぶんかかって、ずっとへこみが出来ていたよ。
Posted by まさし at 2013.11.23 21:00 | 編集
横から指したり、皮を貫通させたりしたんだけどねー。
Posted by ばんそう2 at 2013.11.24 22:55 | 編集
針に糸を通して、まめの箇所に糸を残しておくと、寝ている間に糸から水が抜けますよ。
- 針と糸は焼酎または軟膏などで消毒してください。
- 素足のままだとシュラフが汚れることがあります。
ご参考まで
Posted by まめ at 2013.11.28 11:30 | 編集
フミさんとこから来ました。
マメはビクトリノックスの虫ピンで抜いたなー。
針だと細すぎる気がして・・・。
やはめに抜いたほうがいいよー。
(´ω`)
Posted by untikusai at 2013.11.28 12:49 | 編集
糸を残すのはちゃんとした治療方法なんですね。
ちなみに、糸を通した時点で水が抜けた場合でも、糸を残したほうが、しっかり水が抜けるんですかね?
Posted by ばんそう2 at 2013.11.28 19:29 | 編集
太いほうが裂けそうな気がするんで針で十分でしたよ。
ただ、糸通しの部分が入らない抜けないかもしれません。
Posted by ばんそう2 at 2013.11.28 19:39 | 編集
>糸を残すのはちゃんとした治療方法なんですね。
どなたかの本で読んだのですが・・・

>ちなみに、糸を通した時点で水が抜けた場合でも、糸を残したほうが、しっかり水が抜けるんですかね?
まれに、水が抜けたと思い糸を抜くと再び水がたまることがありました(まめの皮が厚い場合など)が、不潔になる気がして一晩経ったら糸は抜いていました。
Posted by まめ at 2013.11.28 22:14 | 編集
この方法は、始め個人のブログで知ったので、民間療法かなにかなのかと考えてました。
みなさんやられている方法のようで安心しました。
今は、100均のソーシングセットに付属されているボロい糸しかないんで、
ちゃんとした糸が欲しいところです。
Posted by ばんそう2 at 2013.11.29 20:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。